トヨタのJPN TAXIがウイルスや菌の抑制に効果がある「ナノイーX」を採用

■抗菌性能を発揮する「V-CAT」が採用されたハーフシートカバーも純正用品に設定

シエンタをベースとしたトヨタの「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」は、2017年10月にデビューし、すっかり日本の街中に馴染んでいます。

トヨタ JPN TAXI
トヨタのユニバーサルデザインタクシー「JPN TAXI」

とくに、タクシーの入れ替わりが頻繁な都市部で顕著のようです。2019年にはユーザーの声を踏まえ、車いすの乗降性を改善する一部改良も実施され、ユニバーサルデザインタクシーにふさわしい改良が施されています。

2021年5月10日に受けた一部改良は、コロナ禍に対応する抗菌対策がメインとなっています。

トヨタ JPN TAXI
抗菌性能を発揮する可視光応答型光触媒「V-CAT」が採用されたハーフシートカバー(デラックスタイプ)

同日に一部改良を受けたトヨタ・ヤリスと同様に「ナノイーX」が搭載されたのが注目点。パナソニックの「ナノイーX」は、ウイルスや菌の抑制に効果があるOHラジカルを含む微粒子イオン「ナノイー」の10倍量放出する機能で、JPN TAXIには運転席と助手席のエアコン吹き出し口に設置されています。

なお、ヤリスは運転席側のみでしたので、不特定多数の乗客を乗せるタクシーの特性が考慮されたのでしょう。

さらに、太陽光やLED照明などの可視光により、抗菌性能を発揮する可視光応答型光触媒「V-CAT」が採用されたハーフシートカバー(デラックスタイプ)をトヨタ純正用品に設定することで、乗客に安心、安全というサービスを提供することができます。

トヨタ JPN TAXI
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/コンセント1個)をオプション設定

さらに、停電などの非常時に給電可能なアクセサリーコンセント(AC100V・1500W/コンセント1個)が全車にオプション設定されたのをはじめ、照度センサーによる自動点灯・消灯を行うコンライトを標準装備。

ほかにも、フューエルリッドの閉め忘れをブザーとディスプレイ表示で警告する機能が加わり、安心、安全面の強化が図られています。

JPN TAXIの価格帯は、333万8500円~356万4000円です。

塚田勝弘

『トヨタ自動車』の最新記事
GRヤリスクロス
トヨタ・ヤリスクロスに優れた換気性能と操縦安定性の向上に寄与する「GR スポーツサイドバイザー」を追加
新型ランクルに初の「GR」バージョンが設定! 415psエンジン搭載で年内に正式発表か?
トヨタ・ランドクルーザー
新型トヨタ・ランドクルーザー(300系)は、フレーム構造を踏襲しTNGA化、3.5Lガソリン、3.3LディーゼルのV6ツインターボと10AT採用
KINTO
レースで実践しているアップデート、パーソナライズを提供する「GRヤリス“モリゾウセレクション”」がKINTO限定で取扱い開始
国内導入目前?“あのクルマ”に激似の「トヨタ カローラ クロス」米国導入発表!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事