今日は恐竜の日。ホンダ・フィットシャトルの後継車「シャトル」公開!【今日は何の日?4月17日】

■徳川家康75歳で大往生

1923(大正12)年4月17日、世界で初めて恐竜の卵を発見した米国の動物学者リーイ・チャップマン・アンドルーズ博士が北京を出発したことを記念して「恐竜の日」に制定されました。恐竜の卵が発見されたのは、モンゴルのゴビ砂漠でここから本格的な恐竜の研究が始まったとされています。

また日本では、江戸幕府250年の礎を築いた徳川家康が1616(元和2)年のこの日、75歳でその生涯を閉じました。織田信長、豊臣秀吉とともに戦国の三英傑のひとりですが、当時の平均寿命は曖昧ですが30~40歳といわれていることから考えても、75歳でなくなったのは大往生と言えますね。

さて、クルマ界の今日は何があったのでしょう?

2015年(平成27)年4月17日、ホンダが新型コンパクトワゴン「シャトル」を公開しました。2011年から2015年まで販売されていた「フィットシャトル」の後継モデルです。

2015年発売のシャトル
2015年発売のシャトル
2015年発売のシャトル
2015年発売のシャトル

シャトルは、フィットの冠は消えたもののラゲッジスペースの広さと使い勝手の良さを引き継ぎ、それに加えて走りと燃費の両立が魅力のコンパクトワゴンです。パワートレインは、主力の7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を改造したハイブリッド「SPORT HYBRID i-DCD」、および1.5L直噴VTECエンジンの2種とCVTの組み合わせを用意。「i-DCD」システムは、DCTに高出力モーターを内蔵したホンダ独自のハイブリッドシステムで、DCT特有の俊敏な変速が特長です。ハイブリッド仕様のワゴンとしては初めて4WDが設定されたのも見逃せません。さらに、安全運転支援技術として自動ブレーキ「シティブレーキアクティブシステム」と「誤発進抑制機能」を装備、2017年にはマイナーチェンジで全車「ホンダセンシング」を採用しています。

2011年発売のフィットシャトル
2011年発売のフィットシャトル

SUVとミニバンが圧倒的な人気の中、シャトルは大ヒットとはいかないまでも堅調に売れている唯一のコンパクトワゴンです。昨年(2020年)新型「フィット」も登場したことなので、新型ベースのシャトルの登場もあるかもしれませんね。

毎日が何かの記念日。それではまた明日!

Mr.ソラン

『今日は何の日?』の最新記事
今日は種痘記念日。水平対向を日本初搭載したスバル1000がデビュー!【今日は何の日?5月14日】
第1回F1が開催。マツダのロータリー第4弾カペラがデビュー!【今日は何の日?5月13日】
トビラ画像
日産と三菱が資本提携。三菱伝統のオフロード性能を持つミニバン「デリカ・スペースギア」登場!【今日は何の日?5月12日】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事