青函トンネルが開通。日産と三菱の合弁会社NMKVから「デイズルークス」登場!【今日は何の日?3月13日】

■青函トンネルの開通で青函連絡船が廃止

1733(享保18)年3月13日、英国のハーシェルが自作の反射望遠鏡で天王星を発見。当時の英国王ジョージ3世にちなんで「ジョージの星」と名付けましたが、後に「天王星」と改称されました。

また、1988(昭和63)年のこの日、青函トンネルを通るJR津軽海峡線が開通しました。青函トンネルは、全長53.85km(全長の43%が海底)で当時世界最長のトンネルでした。一方、80年続いた青函連絡船がこの日をもって幕を下ろしました。

さて、クルマ界の今日は何があったのでしょう?

2014年3月13日、日産からデイズシリーズの2代目「デイズルークス」が発売されました。

2009年発売の初代ルークス
2009年発売の初代ルークス
2014年発売の2代目デイズルークス
2014年発売の2代目デイズルークス

初代ルークスは、スズキのスーパーハイトワゴン「パレット(現在のスペーシア)」のOEM車として2009年にデビューしました。その後、日産は軽自動車の自社開発を目指して、2011年6月三菱自動車と共同で軽自動車を企画・開発する合弁会社「NMKV(Nissan Mitsubishi Kei Vehicle)」を設立。その成果として、ルークス改め2代目デイズルークスが発売されました。ちなみに三菱では、「ekスペース」として販売されています。

デイズルークスは、先代のルークスよりもさらに全高を30mm程度高くし、「ルームマックス」のキャッチフレーズで販売されました。ファミリー層をターゲットに、アラウンドビュー機能やリモコンオートスライドドアなどの便利な機能を装備。エンジンは、三菱開発の3気筒DOHC660ccエンジンで、燃費改善のため車速が9km/h以下になると走行中でもエンジンストップする「コーストストップ機能付きアイドルストップ」機構も装備していました。

2014年発売の2代目デイズルークス
2014年発売の2代目デイズルークス

デイズルークスの初期の販売は月販2万台を超えて好調でしたが、2016年に三菱の燃費不正が発覚し、一時期販売停止に追い込まれる事態が起きました。この頃は、軽の燃費競争が異常なほど激化した時期で、不正は三菱だけでなく完成検査不正を含めるとスズキ、日産、マツダ、スバルでも発覚し、大きな社会問題に発展しました。これを機に燃費競争は終焉を迎え、最近はどのメーカーも燃費一番とアピールしなくなりましたね。

毎日が何かの記念日。それではまた明日!

(Mr.ソラン)

『今日は何の日?』の最新記事
トビラ画像
ユーロトンネル開通。ファミリーカーとして快適性を高めた2代目カローラ登場!【今日は何の日?5月6日】
トビラ画像
多摩動物園開園。世界最速のボルト選手にゴールドのGT-R贈呈!【今日は何の日?5月5日】
トビラ画像
今日はみどりの日。スーパーGT富士戦でレクサスが両クラス制覇!【今日は何の日?5月4日】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事