BMW「アンオフィシャル」M2 CSL!? 軽量ハードコアモデル「ターボマイスターエディション」世界初公開

■BMW設計部門と協力して開発。100kg軽量化、E46「M3 CSL」と同レベルに

英国のチューニングメーカー「Topaz Detailing」社は、BMWのコンパクト2ドアクーペ「M2」をベースとしたチューニングカー、「M2 Turbomeister Edition」を世界初公開しました。

BMW M2_011
BMW M2 ターボマイスターエディション

2018年頃から噂のあったBMWのハードコアモデル「M2 CSL」ですが、開発作業が完了することはありませんでした。2019年11月には「M2 CS」をリリースしていますが、2020年初めに欧州でM2シリーズが廃止されたことで、フラッグシップ「CSL」への期待は終わったからです。

BMW M2_009
BMW M2 ターボマイスターエディション

そこでBMW設計部門と協力して開発されたのが「M2ターボマイスター エディション」です。M2をベースとしたこのモデルは、車重を100kg軽量化、E46「M3 CSL」と同レベルを実現しています。

そのエクステリアは、「2020 オマージュコンセプト」からインスパイアされたボディカラーを採用。

パワートレインは3.0リットル直列6気筒「S55」ツインターボエンジンを搭載、最高出力520hp・最大トルク660Nmを発揮します。またサイドシル、インストルメントクラスタ下部には「M2 CSL」の刻印が刻まれるなど、まさに非公式「M2 CSL」と言えそうです。

さらに足まわりにはASTサスペンションを装備、英国「DefinedCoding」社製のギアボックスとディファレンシャル用カスタムソフトウェアが採用されいています。

価格は明かされていませんが、オーナーの一人であるマーク・ルーテン氏は「私にとってターボマイスタープロジェクトは、BMW製品をベースとした特注のプロジェクト車両を製作するという夢の実現になりました」と満足げに語っているといいます。

(APOLLO)

『BMW』の最新記事
BMW iX
2021年秋に正式発表されるBMWの新型EV「iX」の「ローンチ・エディション」の先行予約がスタート
BMW2シリーズグランクーペ
BMW 2シリーズ グラン クーペが一部改良。全車にアダプティブクルーズコントロール、電動フロントシートを標準化
BMW1シリーズ
BMW・1シリーズが人気オプションを標準装備化する一部改良を実施。新型ゴルフへの対抗施策?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事