ダイハツ・ムーヴキャンバスにアクセントカラーが配された4タイプの特別仕様車を設定【新車】

■両側スライドドアによる使い勝手の高さが魅力

2020年12月14日、ダイハツは両側スライドドアを備えるムーヴキャンバスに特別仕様車の「VSシリーズ」を設定し、同日発売しました。

ムーヴキャンバスは2016年9月に登場、その可愛らしいスタイルやカラーバリエーションなどにより、ライフスタイルを楽しむ女性をメインターゲットとしています。個性的なデザインや2トーンカラー、パッケージングやスライドドアによる高い使い勝手が好評だそう。

ダイハツ・ムーヴキャンバス
「GメイクアップVS SAⅢ」のエクステリア

今回の特別仕様車「VSシリーズ」には内外装にアクセントカラーが施され、人気の「G“メイクアップリミテッドSA Ⅲ”」「G“ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」がベース。ウォームパックが標準装備されるなど、4タイプの特別仕様車“VSシリーズ”が設定されています。

ダイハツ・ムーヴキャンバス
「GメイクアップVS SAⅢ」のインパネ

また、「G“ブラックインテリアVS SAⅢ”」「G“ブラックアクセントVS SAⅢ”」には本革シフトノブが用意されます。「G“メイクアップVS SAⅢ”」は、フロントグリル、カラードドアミラー、ストライプスカラー(ホワイトルーフ)がパールホワイトになり、14インチ2トーンカラードフルホイールキャップを用意。

ダイハツ・ムーヴキャンバス
「GブラックアクセントVS SAⅢ」のエクステリア

「G“ホワイトアクセントVS SAⅢ”」は、フロントグリル、カラードドアミラー、バンパーモール(フロント/リヤ)、サイドモール-ドアアウターハンドル、ピンストライプがパールホワイトになり、LEDフォグランプ(パールホワイトリング付)、14インチ2トーンカラードフルホイールキャップが備わります。

「G“ブラックインテリアVS SAⅢ”」は、フロントグリルとカラードドアミラーがグレーになり、ストライプスカラー(グレールーフ)を用意。「G“ブラックアクセントVS SAⅢ」は、フロントグリル、カラードドアミラー-バンパーモール(フロント/リヤ)、サイドモール、ドアアウターハンドル、ピンストライプがブラックになり、LEDフォグランプ(ブラックリング付)、14インチ2トーンカラードフルホイールキャップが備わります。

価格は「G“メイクアップVS SAⅢ”」の2WDが162万8000円、4WDが175万4500円。「G“ホワイトアクセントVS SAⅢ”」の2WDが156万2000円、4WDが168万8500円。

ダイハツ・ムーヴキャンバス
「GブラックアクセントVS SAⅢ」のインテリア

「G“ブラックインテリアVS SAⅢ”」は、2WDが162万8000円、4WDが175万4500円。「G“ブラックアクセントVS SAⅢ”」の2WDが156万2000円、4WDが168万8500円。
エンジンはすべてNAのみで、トランスミッションはCVTになります。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。