家族で楽しむタンデムツーリングのコツ、お話しました☆【つるの剛士の「乗るのたの士」オールスター感謝祭・パパツー講座編】

■「乗るのたの士オールスター感謝祭」パパツー講座で家族と一緒に楽しむバイクライフ

allstar
つるの剛士さん、ノッチさん、佐々木優太さんが講座に参加してくれました。パパがこんなすてきなライダーだったら子どもたちも大喜びですよね!

トミンモーターランドで開かれた「乗るのたの士オールスター感謝祭」では、パパツー講座も開かれました。

「パパツー」は、「パパと楽しむツーリング」の略。バイクをパパがひとりで楽しむだけのものではなく、子どもと一緒に楽しめるものにしようという活動です。

いま、つるの剛士さんとバイク王が中心となってその輪をひろげています。活動の名前は「パパ」ですが、親子だったらママだってもちろんOK! なので、これまでママライダーの一人として、あちこちへ子どもとタンデム・ツーリングに出かけてきた私がパパツー講師としてこのイベントに招かれることになったのです。

allstar
イラストのフリップを使ってパパツーのポイントを説明します。

講座に参加するのは、つるの剛士さん、芸人のノッチさん、神社巡拝家の佐々木優太さん。よく名の知れた方ばかりなので気が引けましたが、つるの剛士さんのやさしいリードのおかげで、楽しく講座を始めることができました。

allstar
「かつて奥さんを乗せていたバイクに娘を乗せるのは感動的」と話すつるの剛士さん。妻を愛し、子どもを愛する良きパパならではの発見ですね。「長男はずいぶん大きくなったから、そろそろ2台でツーリングを……」なんて、広がるパパの野望も覗かせていました。

パパツーにはとくに決まった型はありません。ただ現実的には、子どもを後ろに乗せて走るタンデム・ツーリングのスタイルになるのがふつう。

でもそこには、実際に経験してみないとなかなかわからない難題がいくつもひそんでいます。だからパパやママが子どもの安全を守りながらバイクに乗せ、子どもと一緒にバイクを楽しむためには、そのための知識が欠かせないのです。

また一口に子どもといっても、体格も性別も年齢も性格も千差万別。ですから、これさえ知っておけば誰でも万全というノウハウはありません。

パパツー講座では、最低限これだけは知っておいてほしい、ということをまとめていくつかお話することになりました。

allstar
つるの剛士さんの仕切りで講座は楽しくとんとん進みました。

たとえば、「タンデムしたい気持ちを伝え、子どもの気持ちを訊いてみる」「コミュニケーションをとりながら、子どもを後ろに乗せてみる」「子どもの気持ちや体調に常に気を配る」といったことは、当たり前のことですが、長年バイクになじんで暮らしてきたベテランライダーほど見落としがちなポイントです。

allstar
「家族の承諾を得るなんて思いつきもしなかった」と語るノッチさん。ふだんから家族と仲良くコミュニケーションをとれる家族思いのパパだからこそ、かえって見落としやすい点かもしれません。

また、パパツーに出かけるときには、家族全員の承諾をとることが欠かせません。一緒に暮らす家族にかぎらず、おじいちゃんやおばあちゃんなど、ふだんから子どもを可愛がり、面倒をみてくれている人がいれば、きちんと承諾してもらうことが大切です。

allstar
「子どものためのタンデム用品があるなんて知らなかった」と言う佐々木優太さん。パパツー用のライディング・グッズはまだ一般的でなく、街のバイク用品店などではあまり見かけないせいかなと感じます。

子どもが安全・快適に楽しめるようにすることは、パパツーの重要ポイント。パパツーに役立つグッズはいろいろ市販されているので、そうした用品を活用して子どもを守ることもとても大切です。

●キッズのための可愛い電動バイク、ヨツバモトも登場!

allstar
ヨツバモトの16インチホイールMeow16と12インチのMeow12。早歩き程度のSlowから22km/hほど出せるFastまで3段階のスピードモードと、転べば自動的にモーターが止まる安全装置を装備しています。

安全と安心のため、パパツーの準備は念には念を入れたいもの。でも、どんなに周到に準備をしても、いきなり本物のバイクに乗せるのは不安だというパパもいるでしょう。

そんなときは、まずキッズ用のバイクに乗ることで、親子そろってバイクのある暮らしに慣れてゆくのもひとつの手です。

allstar
可愛い電動ダートバイクにパパたちも釘付け! ヨツバモトのホームページには、レースで頑張る子どもたちの動画がアップされていて、これがまたきゅんきゅんするほど可愛いんです!

ヨツバモトは、そんな親子にぴったりのキッズ用電動バイク。ユニークな筒形ボディに走りの機能を凝縮したすっきりデザインで、電動ダートバイクの新しいスタイルを生み出しました。

キックバイクとキッズ用エンジンバイクの間をつなぐマシンとして、これからますます活躍してくれそうですね。

実際にヨツバモトを手に入れたつるの剛士さんの息子さんは、この可愛いマシンにすっかり夢中! エンデューロ・コースかというほどの難コースにも果敢にトライし、日々ライディングを楽しんでいるそうです。

将来、彼のような子どもたちが一流オフロード・レーサーになって、日本のモータースポーツ・シーンを支えてくれる日がくるのかもしれませんね。

allstar
講師として呼ばれた私ですが、子どもを愛する素敵なパパライダーたちには、教えるより教わることがずっと多かった気がします。それぞれのパパツー、ぜひ楽しんでくださいね!

パパツーが提案する子どもとのバイクライフは、子どもにとって刺激的で新しい体験になるのはもちろん、これまで一人でバイクを楽しんできたパパにとっても、新鮮な驚きと新しい楽しみをみつけるチャンスです。

バイクをよく知るライダーなら、愛する子どものために「より安全に、より楽しく」と願うのは自然なこと。でも考えてみたら、これってどんなライダーにとっても、バイクライフの基本中の基本ですよね。

パパツーは、ライダーが新しい発見と新しい喜びを手にするとともに、すべてのバイクライフの基本に立ち返るまたとないチャンスでもあるのです。

allstar
YouTube生配信では、すっかり仲良くなったパパたちとパパツー話で盛り上がりました。

【「乗るのたの士 」 オールスタ ー感謝祭 概要】
日時:2020年 11 月 13 日(金) 14:00 スタート
開催地:トミンモーターランド(茨城県かすみがうら市西成井280)

(写真:高橋 克也/文:村上 菜つみ)

【関連リンク】

Youtubeチャンネル「つるの剛士の乗るのたの士」
https://www.youtube.com/watch?v=YiMukLcYQZA

『バイク』の最新記事
ジョルノデラックス
安定の足まわりで誰もが気負わずシティランを楽しめる【ホンダ ジョルノ・デラックス・走り編】
ジョルノデラックス
街に映えるおしゃれでかわいい実用的なデザイン【ホンダ ジョルノ・デラックス・装備編】
トライアンフのボンネビルシリーズ2021年モデル
ハリウッドの大スターも愛した伝統の英国バイク! トライアンフ「ボンネビル」シリーズの2021年モデルはクラシカルで最先端

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています