2020年東京オートサロン登場の無限S660コンセプトが市販パーツに生まれ変わって登場

■まったく新しいスタイルのS660用エアロバンパーはコンセプトカー譲り。走りを磨くパフォーマンスダンパーと新作アルミホイールも登場

mugen_s660
フロントエアロバンパーの価格はカラード仕上げで13万2000円(税込み)。オプションのLEDフォグライトは8万8000円(税込み)、エアロイルミネーションは3万3000円(税込み)

ホンダのワークスチューナーである無限(M-TEC)から、軽ミッドシップスポーツカー「S660」用の新アイテムが登場しました。

すでに全身くまなく無限仕様にできるだけのアイテムを揃えていますが、今回登場したのは新作のエアロバンパー(前後)とサイドスポイラー、走りを磨く「パフォーマンスダンパー」。そして強度解析が生み出したデザインの鍛造アルミホイール「FR8」の5点です。

フロントバンパーはマイナーチェンジ後のスタイルを踏襲した雰囲気もありますが、マイナーチェンジ前にも装着可能な仕様(品番が異なるので注意)。つまり、従来からラインナップされていたアンダースポイラーをつけていたユーザーも、新アイテムでイメージチェンジをすることが可能というわけです。

mugen_s660
新作のリアエアロバンパーはカラード仕上げで12万1000円(税込み)、サイドスポイラーはカラード仕上げ9万9000円(税込み)

とくにディフューザー形状を全面的にアピールするリアバンパーはS660の雰囲気を大きく変えてくれること間違いなし。前後バンパーがダイナミックな形状になったことに合わせて、サイドスポイラーも新意匠が設定されているのも完璧主義の無限らしさを感じさせます。

ヤマハ発動機が開発する「パフォーマンスダンパー」は、メーカーを問わずボディの振動を抑えて、ハンドリングに好影響を与えるアイテムとして知られ、採用されています。なんといってもオープンゆえに絶対的なボディ剛性では不安も感じるS660ですから、その効果が期待できるのは言うまでもありません。

mugen_s660
ボディの振動を減衰するパフォーマンスダンパーは、11万円(税込み)。なお「PERFORMANCE DAMPER」および
「パフォーマンス ダンパー」はヤマハ発動機(株)の登録商標です

そしてパフォーマンスダンパーの走りを体感したことがあればご存知のように、乗り心地の改善にも効いてくるアイテムでもあります。S660用はフロントとリア一台分がセット販売となっています。

最後に紹介するのが鍛造アルミホイール「FR8」。純正サイズのタイヤをターゲットに開発された新作アルミホイールは、オーソドックスな8本スポークとなっていますが、これは強度解析を進める中で生まれた形状と聞くと、そこはかとない凄味を感じます。

カラーはグラファイトガンメタリック。専用ホイールナットは別売りとなっています。

mugen_s660
S660専用鍛造アルミホイール「FR8」、リア用は16×6 1/2J インセット50。1本7万1500円(税込み)

東京オートサロン2020で無限が出展したS660コンセプトではカーボン製のフロントスポーツグリルやリアウイング、エアロボンネットやエンジンフードも注目を集めていましたが、そうした外装系パーツの開発も継続されているといいますから、そちらへの期待も高まります。

そのほか、新しいスポーツサイレンサーやS660にフィットするセミバケットシートの開発も進んでいるということです。

(山本晋也)

『ホンダ』の最新記事
ヴェゼルよりスタイリッシュ!? ホンダが新型コンパクトEV「M-NV」を240万円で発売
HONDA E BECOMES FIRST JAPANESE VEHICLE TO WIN ‘GERMAN CAR OF THE YEAR’; ADDS TO GROWING TALLY OF GLOBAL ACCOLADES
Honda eがドイツのカー・オブ・ザ・イヤー2021受賞。新型ゴルフも抑え、日本ブランドとしては史上初!
新型N-ONE イメージ
なんとボディパネルは先代と共用!前例のないモデルチェンジを敢行した新型ホンダN-ONEの質実剛健な進化の中身は?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事