限定車が即完売したシトロエン・ベルランゴが日本本格デビューにあわせて東京・豊洲でイベント開催

■車両価格は312万円~343万円。シトロエンのMPVはファミリー使いだけでない魅力に溢れる

2019年10月に日本上陸、2度の台数限定でオンライン予約販売を行なったところ、いずれも5時間半で完売してしまったというフレンチMPV(マルチパーパスビークル)「ベルランゴ」のカタログモデルが10月1日に本格デビューすることが発表されました。

citroen_berlingo
シトロエンのMPV「ベルランゴ」のボディサイズは全長4405mm・全幅1850mm・全高1850mm。車両重量は1590kg

正規導入されるベルランゴは2グレード+特別仕様車1種の計3バリエーション。

スチールホイール仕様のFEELのメーカー希望小売価格は312万円。アルミホイールを履き、マルチパノラミックガラスルーフなどを装備したSHINEのメーカー希望小売価格は338万円となっています。

さらに、ベルランゴの本格デビュー記念として17インチアルミホイールやオレンジのアクセントカラーがアグレッシブな雰囲気の特別仕様車「SHINE XTR PACK」が343万円で用意されるというのがローンチの状況です。

citroen_berlingo
1.5L直列4気筒ディーゼルターボを搭載。最高出力96kW、最大トルク300Nm。トランスミッションは8速AT

先進運転支援システムとしては、渋滞対応ACCやAEB、レーンキープアシストなどを装備。標識を読み取る機能や、自動的にヘッドライトのハイ/ローを切り替える機能も備わっています。

パワートレインは、アイドリングストップ機構付きの1.5L直列4気筒ディーゼルターボに8速ATを組み合わせたもの。燃費性能はJC08モードで21.2km/L、WLTCモードでは18.0km/Lとなっています。

citroen_berlingo
2列目シートをたためば2166Lのラゲッジスペースを生み出す。助手席を格納することで2.7mのサーフボードなども収納可能

そして、ベルランゴの本格デビューを記念して、東京・豊洲にある「ららぽーと豊洲」のウッドデッキ/センターエントランスにおいて展示イベントが開催されています。期間は2020年8月27日〜8月30日。

会場には、ファミリー仕様、ゴルファー仕様、サーファー仕様、テレワーク仕様など様々な趣向を凝らしたベルランゴが並んでいますから、眺めているだけでも楽しめます。

citroen_berlingo
後席は3分割タイプ。ステップが高く、スライドドアの開閉にも力がいるため、子どもや高齢者の乗降にはサポートが必要そうだ

スタッフに声がけすれば、シートの座り心地や乗降性を確認することもできます。

アンケートに答えることでミニカーがもらえたり、貴重なシトロエンのグッズの販売もあるというのも気になるところで、このしゃれたフレンチMPVに興味があるなら、ぜひとも足を運びたいイベントです。

citroen_berlingo
後席中央を格納すれば4名乗車のまま、ゴルフバッグ4個を縦に積むことが可能

今回、そのイベント会場にてベルランゴの使い勝手を味わってみましたが、オーバーヘッドコンソールやラゲッジのルーフ部にあるシーリングボックスといった、国産ミニバンも真っ青になるほどの収納力の高さに驚かれます。テールゲートのガラス部分は独立して開閉するのも使い勝手の良さにつながっています。

citroen_berlingo
フロントの乗降性は、この手のMPVとしては悪くない。実際にイベント会場で確認してほしい

後席スライドドアに電動開閉機能が設定されていないなど、ファミリーカーとして使うには気になる部分もありますが、そうした点も含めて、実際に体感してみてはいかがでしょうか。

(山本晋也)

『シトロエン』の最新記事
シトロエン・ベルランゴ
シトロエン・ベルランゴの特別仕様車「SHINE XTR PACK」の追加生産が決定!!【新車】
シトロエン・ベルランゴ
シトロエン・ベルランゴ、C3エアクロスSUV、C5エアクロスSUV、C4スペースツアラーにも使える純正カーサイドタープが登場
シトロエンC3
シトロエンC3に、日本独自のカラーアクセントが配された特別仕様車「C3 INSPIRED BY JAPAN COLLECTION」を設定【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事