ソファやクーラーも完備! 500万円超えまである「高級」装備の軽自動車キャンパーが人気急上昇

■ルーフテントにキッチンなど充実装備が続々!

軽自動車ベースのキャンピングカー、いわゆる「軽キャンパー」が人気ですが、このジャンルで大きな注目を集めているのが高級化路線です。ソファにキッチン、クーラーやテレビ、ルーフテントなど、本格的なキャンピングカーに引けを取らない充実した装備で、価格も500万円を超えるモデルなどが人気急上昇中なのです。

そんな気になるモデルたちを、この7月18(土)・19(日)日に開催された「第44回さいたまキャンピングカー商談会(於:埼玉県・しらこばと水上公園)」でチェックしてきました。

●車体にキャビンを架装したキャブコン

軽キャンパーというと、お手頃な価格で買える分、1〜2人分の就寝スペースがあるだけという簡素なイメージがあります。ところが、オートショップ アズマが製作した「ラクーンⅡタイプD」は、まさに本格的なキャンピングカーといえる装備が注目です。

高級装備の軽自動車キャンパーが人気
ダイハツ・ハイゼット トラックがべーすの「ラクーンⅡタイプD」

ベース車はダイハツのハイゼット トラック、いわゆる軽トラックです。荷台部分にまるごと居住スペースであるキャビンを架装したキャブコンと呼ばれるタイプですが、中にはいってみるとその意外な広さに驚き!

しかも、天井がとても高く、ベンチタイプのソファや木製の家具、キッチンにエアコンなど、かなり充実の装備を備えています。

高級装備の軽自動車キャンパーが人気
ベンチタイプのソファを装備

また、10Lの給水タンクや排水タンクもあり、ポータブルトイレなども完備。軽トラックがベースとはとても思えない本格ぶりです。

このデモカーの装備で車体価格は349万5000円だそうですが、オーダーの内容などによっては500万円近くする場合もあるそうです。ハイエースなど、ワンボックスカーがベースのキャンピングカーに迫るお値段ですね。

高級装備の軽自動車キャンパーが人気
室内を明るくする大きな窓はアクリル製で、冬場は冷風の侵入も防いでくれる

たまたま会場で、このラクーンに乗っている年配のオーナーさんにお会いできたので選んだ理由を聞いてみました。

「お遍路巡りをするために買いました。山間の林道などを走ることも多く、ワンボックスカーなど大型のクルマがベースだと細くて通れない道も多いので、軽自動車のキャンピングカーがちょうどいいんです。基本は1人で旅するため、広さも十分です。」

四国の八十八箇所にあるお寺を巡るお遍路は高齢者に人気ですが、そんな目的であれば納得です。たしかに狭い道を走るには軽自動車は最強ですからね。

高級装備の軽自動車キャンパーが人気
広い天井に家具も装備

ほかにも、オートショップ アズマでは「K-ai」というポップアップルーフの軽キャンパーも展示。やはりベースは軽トラックで、マツダのスクラム トラックをカスタマイズしています。

高級装備の軽自動車キャンパーが人気
ポップアップルーフを装備した「K-ai」

こちらもキャビンの広さはなかなかで、対面式のソファやテーブル、キッチンにテレビなどを装備。ルーフをせり上げたり車内に収納できるポップアップルーフ採用のため、天井が低めの駐車場などでも駐車が可能で、特に東京23区内に住むユーザーが多いのだそうです。

高級装備の軽自動車キャンパーが人気
洋風のオシャレなリビング

●ボディそのままの高級仕様

今回はほかにも、ボディはそのままでカスタマイズせずに、内装に豪華装備を施した仕様も人気です。

たとえば、リンエイプロダクトが製作した「マイクロバカンチェス」。1人旅を前提にした豪華なバンコン・タイプです。

高級装備の軽自動車キャンパーが人気
リンエイプロダクトの「マイクロバカンチェス」

展示されていたのは、マツダ スクラムのワンボックスタイプがベースのモデルで、荷室にはソファや冷蔵庫、大画面テレビやクーラーまで完備するという充実ぶり。もちろんソファはフラットなベッドにもなるため、車中泊も快適です。

また、助手席の背もたれを前に倒せば、テーブルをセットすることも可能で、まさにソロキャンプなどにもってこいの作り込みですね。

高級装備の軽自動車キャンパーが人気
テーブルをセットすることも可能だ

いかがでしょう。本格的キャンピングカーに迫る「豪華さ」を追求したこれら軽キャンパーは、人数こそ限られますが、1人〜2人の旅に特化すればなかなでしょう。ソロキャンプ好きには注目ですよ。

(文/写真:平塚直樹)

『キャンピングカー』の最新記事
キャンピングカーの期待度アップ
キャンピングカーの期待度アップ!? コロナ禍の新生活様式でユーザーがレジャー以外に使いたいこととは? 
カリスマジャパン カーム
居心地の良さを追求したベッドマットを搭載した落ち着きある空間が魅力【最新キャンピングカー(軽キャンパー編)】
メティオ ラクネル・レスト
堅牢なアルミフレームの台座を使い、快適な寝心地を提供【最新キャンピングカー(軽キャンパー編)】

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています