シビック タイプRの発売が延期に…新型コロナウイルスが生産を直撃

■走りをさらに磨き上げたホンダ・シビック タイプR

2020年6月25日、ホンダはマイナーチェンジ版のシビック タイプRの発売時期を発表しました。

新型コロナウイルスによる生産への影響によるもので、2020年夏の発売予定から遅れることになります。なお、延期された発売日に関しては、決まり次第、改めてアナウンスされるそうです。

ホンダ シビックタイプR
マイナーチェンジを受けたシビック タイプRだが、発売延期が発表された

マイナーチェンジでは、フロントグリルの開口部を大型化することでエンジンルームの冷却能力の向上、フローティングタイプのブレンボ製2ピースディスクブレーキの搭載、ステアリングにアルカンターラを配することで、グリップ感の向上、新型シフトノブにより高速コーナリング中でも軽快なシフト操作が可能になるとしています。

ホンダ シビックタイプR
シビック タイプRのリヤビュー

さらに、アダプティブ・ダンパー・システムの制御見直しにより、旋回性能の向上が図られるほか、ホンダ・センシングの標準装備化。

ボディカラーでは「ポリッシュドメタル・メタリック」「レーシングブルー・パール」が新設定されます。ヒーテッドドアミラー、リヤベンチレーション、ETC2.0車載器、LEDルームランプの採用などにより、利便性、快適性の向上も盛り込まれています。

ホンダ シビックタイプR
シビック タイプRの「Limited Edition」

なお、タイプRのうち、国内200台限定販売となる「Limited Edition」には、初代タイプRを彷彿させる「サンライトイエローⅡ&ブラック」が設定されるほか、BBS製20インチアルミホイール、ミシュラン「パイロット スポーツ Cup2」などのハイグリップタイヤが専用装備されます。

(塚田勝弘)

『ホンダ』の最新記事
ヴェゼルよりスタイリッシュ!? ホンダが新型コンパクトEV「M-NV」を240万円で発売
HONDA E BECOMES FIRST JAPANESE VEHICLE TO WIN ‘GERMAN CAR OF THE YEAR’; ADDS TO GROWING TALLY OF GLOBAL ACCOLADES
Honda eがドイツのカー・オブ・ザ・イヤー2021受賞。新型ゴルフも抑え、日本ブランドとしては史上初!
新型N-ONE イメージ
なんとボディパネルは先代と共用!前例のないモデルチェンジを敢行した新型ホンダN-ONEの質実剛健な進化の中身は?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事