北米で公開された日産ローグ(次期エクストレイル)に、次期アウトランダーの姿が見え…た?

●新型ローグと三菱アウトランダー次期型はどこまで共用化されるのか?

6年ぶりのフルモデルチェンジを果たして発表された2021年モデルの日産「ローグ」。

ローグというのは北米で販売している(現地区分では)小型のSUVで、2019年には約35万台を販売。現地の(ピックアップトラックを除く)乗用車販売ランキングでは3位であり、北米にて日産における最量販車種という重要なモデルです。

北米で発表された2021年型ローグ

そんなローグは、実は日本とも関連の深いモデル。日本では「エクストレイル」として販売されているからです。つまり2021年モデルのローグは基本的に、次期エクストレイルと考えていいでしょう。

スタイリングは個性的な顔つき(次期エクストレイルも同じになるのかは不明)が目立つところですが、よくみるとデザインが現行モデルよりも直線的になっているのが興味深いところ。

エクストレイルと言えば初代と2代目はとにかく四角くて無骨さが特徴で、それが3代目の現行モデルになって曲線的なフォルムに大変身したことが話題となりました。しかし4世代目の次期モデルはシャープな雰囲気を取り戻すようですね。

現行エクストレイルに比べるとシャープな雰囲気が強まっている次期ローグ

ところで、ふと気になったのはそんなフォルムやCピラーのデザイン。

どこかで既視感があるような……と思ったら、昨年3月のジュネーブモーターショーで初公開され、秋の東京モーターショーにも展示されていた三菱自動車のコンセプトカー「エンゲルベルクツアラー」。

「3列シーターのプラグインハイブリッドSUV」とアナウンスされ、次期パジェロをイメージしているという報道もありましたが、実際には次期「アウトランダー」を示唆しているようです。

次期アウトランダーを示唆していると思われるコンセプトカーのエンベルベルクツアラー

そのエンゲルベルクツアラーと新型ローグの真横からのシルエット、プロポーション、そしてDピラーがどことなく似ている気がするのは……気のせいでしょうか?

エンゲルベルクツアラーの真横。あくまでコンセプトカーだが。
新型ローグの真横。Aピラー根元の処理もエンベルベルクツアラーに似ているような…

ご存知の通り現在の三菱自動車は日産の子会社となっていて、次世代モデルはプラットフォームの共用化で動いています。

次期エクストレイルと次期アウトランダーはプラットフォーム共用で開発が進んでいるようですが、デザインが似ているように思えるのはアッパーボディの基本骨格まで共用されることを示唆しているのでしょうか。それとも……?

(工藤貴宏)

『日産自動車』の最新記事
日産自動車 第37回 日産 童話と絵本のグランプリ
日産自動車が1984年から協賛する「第37回 日産 童話と絵本のグランプリ」の創作童話と絵本の募集を開始
日産 アリア市販型
新時代・日産の顔へ。日産 アリア、7月15日デビューが決定
7月にデビューする日産の新型EV「アリア」はGT-Rも真っ青のハイパワーマシン!?
日産 アリア_001
日産「アリア コンセプト」の市販型は7月デビュー。Vモーションが光る
日産 新型ローグ
日産が最大4か月支払いを先延ばしできる「乗ってからペイメント」を開始
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事