旧車再生の基本・リヤブレーキとチェーンを交換【49年前のCB125は直るのか? 素人再生記】

■消耗部品を交換してリフレッシュ!

●リヤブレーキシューの点検

前回のリポートから時間がかかってしまいましたが、リヤ廻り作業の続きです。

前回、リヤホイールのスポークを修正して新品タイヤを組みました。次はリヤブレーキの点検です。

CB125は前後ともドラムブレーキを採用しています。以前に紹介したようにフロントブレーキは減りが少なく、再利用しました。ではリヤはどうでしょう?

cb125k_break01
新旧のブレーキシューを比較する。

写真でもわかるように、今回は事前にブレーキシューの新品を用意しておきました。

というのもこの時代のバイクは、ブレーキングではリヤを多用します。それだけに減りが早いはずなので、転ばぬ先の杖ということで新品を購入しておいたのです。

見比べると、案の定リヤブレーキシューは新品と比べて半分ほどの厚みまで減っています。
さっそく交換しましょう。

●古いシューを取り外す

ブレーキシューを外すのは意外にカンタンです。CB125の場合だと割りピンを抜いてスプリングを外すだけでシューが取れます。

割りピンとは2分割されたピンを穴に刺して、分割部を開くことで抜け留めにする部品です。このような部品は再使用しないのが原則ですので、長さや太さが数種類揃ったセットを入手しておくことをオススメします。

割りピンを抜いたら、その下のワッシャーを紛失しないように保管しておきます。

cb125k_break02
割りピンを抜く。

続いてスプリングですが、たいていはドラムブレーキ1つにスプリングが2つあります。どちらか片方だけ外せばシューは取れますので、無理して2つとも外さなくて大丈夫です。

スプリングを外すには人力ででもできますが、写真のような工具があると便利です。

cb125k_break03
工具を使ってスプリングを外す。

シューが外れたブレーキプレートには、長年の使用でシューの削りカスが堆積しています。CB125のように古いバイクの場合、シューにアスベストが含まれている可能性がありますので、作業中は必ずマスクを着用するようにしましょう。

cb125k_break04
汚れのついたプレート。

●新しいシューを組む

削りカスを拭き取りブレーキクリーナーなどを吹いてあげると、プレートは見事にキレイになってくれました。

この時、シューを動かす丸い部品(ブレーキカム)の動きをよく確認しましょう。できれば外して清掃してあげるのがベストですが、今回は横着してしまいました。

動きを確認して内部まで届くようにブレーキクリーナーをスプレーしただけで、スムーズに動くようになったからです。

cb125k_break05
清掃したプレート。

あとは新品のシューを取り付けるだけです。今回は純正部品ではなく社外品を使いましたが、シューにはスプリングもセットになっていました。

古いスプリングは保管しておくことにして、今回は付属の新品スプリングで組み直しています。もちろん割りピンも新品を使って抜け留めにしました。

cb125k_break06
新しいシューを組む。

●リヤホイールを車体に組む

ブレーキドラムとリヤホイールをどう付けるのか疑問かもしれません。実は車体に取り付けるアクスルシャフトに通すだけで、特別ホイールへ固定するわけではないのです。

ただ、付けてみるとわかりますが、ある特定の場所でブレーキプレートが動かずに収まります。そこが正規の位置になりますので、この状態でアクスルシャフトを通すのです。

今回はアクスルシャフトだけでなく、チェーン引きと呼ばれるドライブチェーンアジャスターや、アクスルシャフトとホイールの間に入るカラー類も同時に清掃してます。

cb125k_rearwheel01
アクスルシャフトやチェーン引きを清掃する。

フロントホイールのときと同様に、アスクルシャフトは焼き付きのような跡がないか確認して、差し込む前にグリスを塗布しておきます。

アクスルシャフトを通す際に、手では入らないこともあります。そうした場合はゴムハンマーなどでコンコンと軽く叩きながら入れましょう。大きな力ではなく、軽く叩くのがコツです。

cb125k_rearwheel02
リヤホイールを車体に戻す。

●ドライブスプロケットを装着する

ここでようやく新しいチェーンを張る準備になります。

フロント側のドライブスプロケットを戻しましょう。ドライブスプロケットはミッションのカウンターシャフトに掘られた溝へ通すようにして差し入れます。そのままでは位置が定まらないので、スプロケットを抑えるフィキングプレートで固定します。

フィキシングプレートは溝に入れただけだとスプロケットとボルト穴が合いません。どうするかといえば、カウンターシャフトの溝は縦に掘られていますが、途中で横にも溝があります。

この横溝でフィキングプレートを動かしてスプロケットとボルト穴を合わせるのです。ここのボルトは強度が求められますので、違うボルトなどを通さないように注意しましょう。

cb125k_chain17
ドリブンスプロケットを装着する。

ちなみにエンジン側にグリスニップルがあります。ここはシフト周りへのグリスアップ用ですので、忘れずに注油しましょう。グリスガンをニップルに差してグリスを押し込むのです。

cb125k_chain21
グリスニップルにガンを差し込みグリスアップ。

●チェーンの長さを調整する

チェーンの説明は前回もしましたが、我がCB125にはノンシールチェーンが採用されています。今回は同じサイズである428を用意しました。新品は120リンクのものですが、純正は118リンクですので1コマ多いことになります。

cb125k_chain14
新品チェーンを用意。

どうするかといえば、新品のチェーンからコマを1つ外すのです。そのためには専用工具が必要になります。チェーンカッターと呼ばれる工具があればカンタンに外すことが可能です。まずチェーンカッターの先端を外したいコマのピンに当てて軽く締め込みます。

cb125k_chain15-1
チェーンカッターをピンに当てる。

そのままチェーンカッターを締め込んでいくと手応えがあり、ピンが動いていることがわかると思います。続けて締め込んでいくとチェーンカッターの反対側からピンが抜けてきます。

cb125k_chain15
チェーンカッターを締め込む。

チェーンカッターを外すと、コマが外れていることが確認できるはずです。これで純正指定のリンク数になったことになります。

この作業で注意したいのは、チェーンカッターの先端をしっかりピンに当てることです。少しでもズレていると、チェーンカッターを締め込んでいるうちに先端が動いてコマを傷つけてしまうからです。

cb125k_chain16
余分なコマを切り離す。

●チェーンを張る

いよいよチェーンを張ります。まずリヤ側のドリブンスプロケットにチェーンをかけて落ちてこない位置を探します。続けてフロント側のドライブスプロケット下にチェーンのコマをかけて、少しずつスプロケットを回してコマが上へ来るようにします。

この時スプロケットを緩めるとチェーンが落ちてきますので注意しましょう。チェーンが落ちないようにして、外した時と同じ要領でチェーン同士にコマをかけてクリップで固定したら完了です。

cb125k_chain18
チェーンを繋げる。

チェーンがかかったら、張り具合を調整します。アクスルシャフトのナットとチェーン引きを緩めるとリヤタイヤがスライドします。タイヤをスライドさせてチェーンの弛みが少なくなる場所を探すのです。

チェーンの中間あたりを指で上下させて、その幅が2、3センチになる付近が適正です。

cb125k_chain19
チェーンの張りを調整する。

チェーンの張り具合を調整できたら、チェーンカバーを装着してフロントのスプロケットカバーを締めたら作業は完了です。

cb125k_chain20
カバーを付けて完了。

これで車体周りのメンテナンスは終了になります。最後にエンジンオイルの交換や各部の調整をすれば走り出せるはずです。

(増田 満)

『素人再生記』の最新記事
cb125k_01
旧車再生の基本・エンジンオイル交換と各部の調整【49年前のCB125は直るのか? 素人再生記】
CB125_sidecover
旧車再生の基本・リヤタイヤとチェーンの点検【49年前のCB125は直るのか? 素人再生記】
cb125k-tyre10
旧車再生の基本・フロントタイヤを交換する【49年前のCB125は直るのか? 素人再生記】

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています