ホンダフリードマイナーチェンジで「FREED Module X」もモデルチェンジして登場。走りの質感向上と、内外装の魅力アップがポイント

■存在感を増したフロントマスクなどスポーティなエクステリアをまとう

2019年10月にマイナーチェンジを受けたホンダ・フリードは、クロスオーバー仕様の「CROSSTAR(クロスター)」が新たに設定されるなど、内外装のリフレッシュを受けています。

ほかにも「ホンダ・センシング」に後方誤発進抑制機能が追加され、アダプティブクルーズコントロールの制御の見直し、CVTを採用するガソリンエンジン車にブレーキ操作ステップダウンシフト制御が盛り込まれ、走りの質感向上もトピックスです。

フリード モデューロ X
FREED Modulo Xの新旧モデル(手前が新型、奥が旧型)。よりアグレッシブなフロントマスクが目を惹く

2020年5月28日、ホンダアクセスによるコンプリートカー仕様である「Modulo X(モデューロ X)」の「FREED Modulo X(フリード・モデューロX)」のマイナーチェンジモデルが発売されました。

フリード モデューロ X
「FREED Modulo X」のフロントビュー

マイナーチェンジ前のフリード・モデューロXは、先述したホンダ・フリードのマイナーチェンジ前(2019年9月)に販売を終えていました。今回のフリード・モデューロXもマイナーチェンジを受けたことで、標準車同様に最新仕様になったことになります。

■エクステリアパーツに「実効空力」が得られるエアロフィンなどを用意

マイナーチェンジ後モデルの「フリード・モデューロX」も、ホンダアクセスによるこだわりが貫かれています。熟練のエンジニアによる人の感覚を大切にし、好評を得ているという走りは、「大人のスポーティ」と表現できるクオリティがさらに磨き上げたとしています。

フリード モデューロ X
「FREED Modulo X」のリヤビュー

ホンダアクセスが専用開発しているパーツを見ていくと、エクステリアには、新設計された専用フロントエアロバンパーや専用フロントグリル、専用LEDフォグライトにより存在感が高められています。

さらに、専用サイドロアースカート、専用リヤロアースカート、専用LEDフォグライト、専用フロントビームライト、専用リヤエンブレム(Modulo X)、専用ドアミラー(クリスタルブラック・パール)なども装着。

足元にも専用15インチアルミホイールが用意され、コンプリートカーらしいスポーティムードが強調されています。専用スポーツサスペンションと相まって、フットワークの良さを実感できるはず。

フリード モデューロ X
バンパー側面のエアロフィン

エクステリアパーツは、見た目のかっこよさだけでなく、バンパー側面には旋回性の向上を狙ったというエアロフィンが、下面には直進安定性向上を狙ったエアロスロープが設けられています。

フリード モデューロ X
直進安定性向上を狙ったエアロスロープ

さらに、エアロボトムフィンは乗り心地の向上に寄与するそう。エアロフィン、エアロスロープ、エアロボトムフィンは、ホンダアクセスが掲げている「実効空力」を得るパーツで、日常の速度域でも体感できる空力効果が得られるのが美点。

フリード モデューロ X
アロボトムフィンは、乗り心地の向上に寄与

一方のインテリアには、「プライムスムース×スエード調」コンビシート(シート表皮)をはじめ、専用本革巻ステアリングホイール (ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)、専用フロアカーペットマット (プレミアムタイプ/Modulo X アルミ製エンブレム付)などが採用され、クオリティアップが図られています。

フリード モデューロ X
「プライムスムース×スエード調」コンビシートを専用装備

この専用コンビシートは、乗員の身体の滑りを抑制する効果も得られ、ブラックを基調としたインテリアはスポーティで、上質な仕立てになっています。

また、9インチ プレミアム インターナビ装着車(VXM-207VFNi(Gathers/専用オープニング画面) +フロント用ドライブレコーダー(DRH-204VD/32GB キット )も用意されています。

フリード モデューロ X
「FREED Modulo X」のインパネ

ボディカラーのラインナップは全4色で、プラチナホワイト・パール(3万3000円高)、ミッドナイトブルービーム・メタリック(3万3000円高)、プレミアムクリスタルレッド・メタリック(5万5000円高)、クリスタルブラック・パール。

フリード モデューロ X
写真は「ミッドナイトブルービーム・メタリック」

「FREED Modulo X 」の価格は、1.5Lガソリンエンジン車(CVT)の「Modulo X Honda SENSING」の6人乗りが295万200円、7人乗りが297万2200円。1.5Lハイブリッド(7速DCT)の6人乗りが325万6000円、7人乗りが327万8000円。
駆動方式は全車FFです。

(塚田勝弘)

『ホンダ』の最新記事
新型アコードフロント
オヤジクルマに見える新型アコードは、理想的な前後重量配分を実現した走りのセダンだった
VFR750R_RC30
80年代バイクブーム全盛期に生まれた金字塔「ホンダVFR750R」リフレッシュプランにリターンライダーが感涙必至! 純正部品も再生産
accord
スポーティ度の高さが世界で評価される新型アコード。日本デビューが遅れたワケは?
アコード スタイリング前7/3
これぞホンダの底力。かなりの上級志向でレジェンドに迫る質感 【ホンダ・アコードEX試乗】
ホンダ シビックタイプR
シビック タイプRの発売が延期に…新型コロナウイルスが生産を直撃
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事