高性能な前後カメラで鮮明な映像を残せるケンウッドのドライブレコーダー「DRV-MR450」が登場

■売れ筋前後2カメラドライブレコーダーの最新モデル

ドライブレコーダー市場のシェアで1位、2位を争うJVCケンウッドから、前後2カメラ撮影対応の「DRV-MR450」が発表されました。2020年6月下旬から発売されます。

価格はオープンで、市場想定価格は2万5000円(税抜き)前後。以前お伝えしたように、ドライブレコーダー市場の平均価格は約1万9000円(税抜き)で、高価格帯のモデルが売れ筋になっていて、前後録画タイプが人気を集めています。

ケンウッド DRV-MR450
ケンウッドのドライブレコーダー「DRV-MR450」

ケンウッドの「DRV-MR450」も前後2カメラ撮影対応型で、メインユニット(フロントカメラ)は、水平122°、垂直63°、対角150°の広視野角レンズが使われていて、より広い範囲の録画に対応。ルームミラー裏への設置が考慮されたコンパクト設計で、前方視界を妨げないようになっています。

前後カメラ共にF1.8の明るいレンズが採用されていて、夜間やトンネルなどの暗いシーンの撮影に強いのはもちろん、条件を問わず画質を向上。フルハイビジョン録画にも対応していて、ナンバープレートや標識などの映像を細部まで高精細に録画可能です。

●リヤウインドウがスモークガラスでも撮影できる機能を搭載

さらに、リヤカメラには「スモーク シースルー機能」が用意されていて、リヤウインドウ(リヤガラス)がスモークガラスでも明るい映像で記録ができます。

ケンウッド DRV-MR450
ケンウッド「DRV-MR450」のリヤカメラ

さらに、同社独自の記録システムが搭載された「SDカードメンテナンスフリー機能」が用意されたことで、SDカードのフォーマットが必要なくなり(録画設定の変更やSDカードの状態によってはフォーマットが必要)、使い勝手が向上しています。高画質・高精細録画を実現すると共に、万一の際の録画エラーを防ぎます。

加えて逆光やトンネルの出入り口、夜間走行時の照明など、明暗差が激しい環境時に起きやすい「白とび」や「黒つぶれ」を抑えて、安定した録画が可能になる「HDR(ハイダイナミックレンジ)」機能も用意されています。

また、別売の車載電源ケーブル「CA-DR350」を使えば、最長で24時間の駐車監視録画に対応しています。駐車中の衝撃や、動体(人やクルマなどの)の検知にも対応し、検知前の5秒間と検知後の15秒間の計20秒間の録画ができます。

駐車監視録画が終了する前に、さらに衝撃または動体を検知した場合、録画時間が最大1分間延長されるため安心。車上荒らしやいたずらなどの対策も考えている人には、別売の電源ケーブルも検討したいところです。

ケンウッド DRV-MR450
コンパクトサイズなので視界を妨げない

録画は4つの機能が用意されています。常時録画、手動録画、突然の衝撃を検知すると録画を開始するイベント録画、駐車監視録画で、状況に応じた録画が可能。

運転支援機能も搭載されています。前方衝突警告、車線逸脱警告、発進遅れ警告、休憩を促すリフレッシュ通知、エコドライブ表示機能によりドライバーをサポートします。

ケンウッド DRV-MR450
リヤカメラもコンパクトサイズ

そのほか、高感度GPSや測位衛星受信回路の搭載により自車位置が記録され、Windows/Macで詳細なドライブ情報を確認できる専用ビューアーソフト「KENWOOD ROUTE WATCHERⅡ」も擁されています。

(塚田勝弘)

『ケンウッド』の最新記事
ケンウッドの最上級ドライブレコーダーは、AIであおり運転を自動で検知し自動で録画
ケンウッド
ケンウッドの「彩速ナビゲーション」にフローティング式を含む9V型が登場
ケンウッドのエントリー向けスピーカー「RS」シリーズに、ハイレゾ音源に対応したセパレートタイプが登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事