日産自動車がカーシェアリング「NISSAN e-シェアモビ」で、ウイルス感染症予防に向けた無償サービスを開始

■1〜2時間の利用料金に相当する1,600円の無償貸出と、除菌スプレーを設置

新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、「ステイホーム」や、東京都ではゴールデンウィーク中の「ステイホーム週間」が呼びかけられています。

一方で、医療従事者やそうした現場を支える人、生活の維持のため、最低限の移動が必要な人達にガリバーがクルマの無償貸出を行ったり、自転車などを貸し出したり無償で修理したりする動きも出ています。また、オートバイや自転車の販売が好調という動きもあるようです。

日産 e-シェアモビ
全国で展開するカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」の、1回あたり1,600円の利用料金が無償になるサービスを期間限定で開始

自動車メーカーも新型コロナウィルス感染者の移送で特別に仕立てた車両を提供する動きも出ています。

そんな中、日産自動車は、全国で展開するカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」において、5月1日から31日まで、1~2時間利用の料金に相当する、1回あたり1,600円の金額を無償とするサービスを開始すると発表しました。

■免許証がそのままIDカードになり、15分単位から利用できる

同社では新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、外出自粛要請が強化される中、生活維持のために必要な最低限の外出をされる人や職務に従事される人々に、クルマという隔離された移動手段を手軽に利用してもらえるよう、一定時間の無償サービスを提供することで、利用者の安心と、人と人との接触機会の低減に少しでも貢献できればと表明しています。

また、ユーザーが安心して利用できるようにウイルス感染症予防用として、全車両に除菌スプレー(安定性次亜塩素酸水)が設置されます。

日産自動車 eシェアモビ
全国で展開しているeシェアモビ

日産自動車のカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」は、去る3月31日に東京都の「レンタカー・カーシェアリングにおけるZEV(Zero Emission Vehicle)導入促進事業」に採択されたと発表。

カーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」において、東京都内でも日産リーフの全45台の稼働が開始されています。

また、2019年9月以降、準備の整った都内の「NISSAN e-シェアモビ」ステーションが順次稼働されていて、通常より割安な料金で日産リーフのシェアリングサービスの提供を開始。免許証がそのままIDカードとなり15分単位から利用できること、利用時の距離料金が追加発生しないこと、さらには毎日、清掃が実施されていることなどが、多くのユーザーから高い評価を得ているそうです。

なお日産は、一部の都内「NISSAN e-シェアモビ」ステーションにて、三井物産とジゴワッツが実施中の電気自動車用普通充電器、「Ella」を用いた実証実験にも参加。

「Ella」は、充電用の会員ICカードなどがなくても、認証用スマホ・アプリのダウンロードと簡単な登録手続きのみで、即日充電器を利用することが可能。また、設置に必要なスペースが世界最小クラスを誇っていること、既設のコンセントボックスへの取り付けも可能なこと、などから電気工事費の低廉化も実現しています。

(塚田勝弘)

【関連サイト】

NISSAN e-シェアモビ
https://e-sharemobi.com/

『日産自動車』の最新記事
日産が新型ローグを公開! 新型エクストレイルの登場は?
日産マグナイト
2021年にインドに投入するコンパクトSUV「日産マグナイト」は、新型1.0Lターボエンジンを搭載
新型ローグ
日産が全米で2020年10月下旬から新型ローグの発売を開始。エントリーモデルは約270万円から
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事