アウディのDTMドライバーが「Audi e-tron Vision Gran Turismo」によるバーチャルレースを開催

■デザインコンテスト優秀者はバーチャルレースに参加が可能

AUDI AGは、アウディのファクトリードライバーであるマイク ロッケンフェラーが「#RaceHome」と名づけられた、バーチャルレースシリーズを立ち上げたと発表しました。レースカーは、PlayStation 4のゲーム「グラン ツーリスモSPORT」に収録されている「Audi e-tron Vision Gran Turismo」が使用され、収益は慈善活動に使われます。

アウディ バーチャルレース
アウディがバーチャルレース「#RaceHome」を立ち上げ

レースは、4月21日(日本時間22日早朝)から週に1回開催され、6人のアウディDTMドライバー(ロイック デュバル、ジェイミー グリーン、ニコ ミュラー、ロビン フラインス、レネ ラスト、マイク ロッケンフェラー)が、アウディブランドのファンやSimRacing(シムレーシング: レースゲームの総称)のプロフェッショナルと対戦します。

アウディ バーチャルレース
アウディのバーチャルレース「#RaceHome」

今回のレースを企画した2013年のDTMチャンピオン、マイク ロッケンフェラーは、「新型コロナウィルス感染拡大のため、現時点では実際のレースは行われていない一方で、SimRacingは一大ブームとなっています。そのため、私たちは、独自の方法でレースを開催することにしました。#RaceHomeは、アウディのEVのレースカーを使用するので、e-モビリティへの変革を進めているアウディの方針とも一致しています。家庭用ゲーム機を選択したのは、非常に大きなコミュニティにアクセスできるというメリットがあるからです」とコメント。

アウディ バーチャルレース
電気自動車の「Audi e-tron Vision Gran Turismo」が使われる

PlayStationネットワークのメンバーは、「#RaceHome」でアウディのDTMスタードライバーと戦う権利を得ることができます。グリッドを獲得するには、Audi e-tron Vision Gran Turismoのデザイン(カラーリングやデカール)を制作し、ゲーム上でハッシュタグ(#AudiTogether、#StayHome)を付けてゲーム上で公開するなど、いくつかのルールがあります。

そして、最もクリエイティブなデザインの制作者がスターティンググリッドに並ぶことができるそうです。デザインの審査は、6人のアウディDTMドライバーによって行われます。

アウディ バーチャルレース
最もクリエイティブなデザインの制作者がスターティンググリッドに並べる

この「#RaceHome」では、モータースポーツ関係者に対するチャリティプロジェクトのために、できるだけ多くの寄付金を集めたいと考えているそう。「モータースポーツの世界には、突然収入を失い、困難な状況に陥っているフリーランスが大勢います」とロッケンフェラーが語っています。このような理由から、毎週開催されるレースでは入札形式によるグリッドも設ける予定だそうです。

アウディ バーチャルレース
毎週開催されるレースでは、入札形式によるグリッドも設ける予定

「#RaceHome」チャリティレースシリーズのすべてのレースは、無料ライブストリーミングチャンネルで見ることができます。最初のレースは4月21日午後8時(日本時間4月22日午前3時)から開催されます。

(塚田勝弘)

【関連サイト】

デザインコンテストの詳細(英語のみ)
bit.ly/RaceHomeDesignContest

無料ライブストリーミングチャンネル
www.twitch.tv/visionrcco

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。