新モビリティとして電動キックボードの実証実験が水戸・偕楽園で開始 | 3枚目の写真(全3枚)

「新モビリティとして電動キックボードの実証実験が水戸・偕楽園で開始」の1枚目の画像 「KINTONE」は茨城発の電動モビリティ開発スタートアップ。偕楽園で実証実験期間は2020年4月1日~9月30日
「新モビリティとして電動キックボードの実証実験が水戸・偕楽園で開始」の2枚目の画像 Kintone αは、折りたたんで持ち運びもできる電動キックボード。1回の充電で最大5km〜10km走行可能
「新モビリティとして電動キックボードの実証実験が水戸・偕楽園で開始」の3枚目の画像 株式会社KINTONEより、偕楽園へ電動キックボード・Kintone α2台が提供された。
  • 「新モビリティとして電動キックボードの実証実験が水戸・偕楽園で開始」の3枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「新モビリティとして電動キックボードの実証実験が水戸・偕楽園で開始」の3枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「新モビリティとして電動キックボードの実証実験が水戸・偕楽園で開始」の3枚目の画像ギャラリーへのリンク