200台限定の「ジープ・ラングラー・アンリミテッド・スポーツ・アルティテュード)」が登場【新車】

■ベース車のカタログモデルとは異なり、2.0Lターボエンジンを搭載

ジープ・ブランドを代表する悪路走破性を擁する本格オフローダーの「Jeep Wrangler(ジープ・ラングラー)」に、限定車の「Wrangler Unlimited Sport Altitude(アンリミテッド・スポーツ・アルティテュード)」が設定され、2020年3月7日(土)より200台限定で販売されます。車両本体価格は5,350,000円です。

ジープ ラングラー・アンリミテッド
ジープ「Wrangler Unlimited Sport Altitude」の外観

4世代にわたって基本フォルムを大きく変えずに磨き上げられてきたラングラーは、そのスクエアなキャビンによりオフロードでの取り回しのしやすさのみならず、様々なギアを飲み込む高い積載性と機能性を有しています。機能美にあふれるデザインの本質を抑えながらも、「ほかとは一味違った個性を求めたい」という声に応えるのが、この「ラングラー・アンリミテッド・スポーツ・アルティテュード」。

ジープ ラングラー・アンリミテッド
フロントグリルやヘッドライトベゼル、フォグランプベゼルに艶感のあるグロスブラック仕上げを採用

エクステリアは、フロントグリルやヘッドライトベゼル、フォグランプベゼルに艶感のあるグロスブラック仕上げが施され、上質感が高められています。また、アルミホイールにも同様の処理が施され、足元をスタイリッシュに演出。さらに、「Jeep」バッジ、「TRAIL RATED」バッジはマットブラック仕上げになっていて、細部にまで特別感を感じられる1台に仕上げられています。

ジープ ラングラー・アンリミテッド
ジープ「Wrangler Unlimited Sport Altitude」の2.0Lエンジン

インテリアでは、インパネがグロスブラック仕上げになるほか、夏は断熱効果、冬には保温効果のあるMopar製ハードトップヘッドライナーが装備されていて、快適性の向上が図られています。ベース車の「Unlimited Sport」は、カタログモデルでは3.6L V6エンジンが搭載されていますが、同限定車は2.0Lの直列4気筒ターボエンジンを搭載。排気量のダウンサイジングと直噴化により11.5km/Lの低燃費を誇ります。一方で、最大トルクは400Nmを発揮し、ターボならではの力強い走りを体感できます。

同限定車のボディカラーならびに販売台数は、「ブライトホワイトC/C」が100台、「スティンググレーC/C」が100台(内装色はいずれもブラック)。C/Cはクリアコートです。

(塚田勝弘)

『ジープ』の最新記事
トレイルホークフロントスタイル
ジープもEVへシフト。意外なほど親和性は高い【ジープ・レネゲード4xe試乗】
ジープ 80周年記念限定車
2021年に誕生80周年を迎えるジープが80周年記念限定車に人気のボディカラー導入へ
ジープ・ラングラー・アンリミテッド
ジープ・ラングラー・アンリミテッドの「サハラ3.6L」と「ルビコン」に、ミリタリーカラーが際立つ特別仕様車を計300台限定で設定【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事