ミモザの花をイメージしたハッピーイエローのボディカラーをまとった「フィアット 500 ミモザ」「フィアット 500C ミモザ」が登場【新車】

■明るい雰囲気の内外装が魅力

個性的な特別仕様車が数多く送り出されているフィアット500。2020年3月7日から発売されるフィアット500 Mimosa(ミモザ)、500C Mimosa(ミモザ)は、過去に何度も発売されている定番の限定車。

フィアット 500
フィアット500/500Cに加わった限定車の「ミモザ」

イタリアで女性の日(3月8日)に感謝の意を込めて贈られるミモザの花をイメージしたボディカラーが採用されていて、「毎日がもっと花咲くように。」という想いが込められているそう。目に鮮やかなハッピーイエローのボディが、明るく楽しい気分を盛り上げます。

フィアット 500
フィアット500「ミモザ」のインテリア

一方のインテリアにはボディと同じイエローのインストルメントパネルが特別装備され、キャビンに華が備えられています。上品なアイボリーの内装と相まって、乗る人皆をやさしい雰囲気で包みます。

フィアット 500
フィアット500Cミモザのリヤビュー

同限定車のベースは「500 / 500C 1.2 Pop」で、1,240ccの直列4気筒エンジンを搭載。ベーシックグレードながら、体型に合わせて高さを調整できる調整式シートや、停車時に無駄な燃料消費を抑えるSTART&STOPシステム、Apple CarPlayならびにAndroid Auto対応のオーディオプレイヤー(Uconnect )などが搭載されています。

また、「500C ミモザ」には、ワンタッチで開閉できる電動開閉式ソフトトップが備えられ、オープンエアドライブを気の向くままに楽しめます。なお、「500C ミモザ」ではアイボリーのソフトトップが組み合わされ、走行中はもちろん、停車中もお洒落な雰囲気を演出。価格と販売台数は、「500 ミモザ」が限定300台で2,080,000円。「500C ミモザ」は限定同80台で、2,740,000円となっています。

(塚田勝弘)

『フィアット』の最新記事
初代フィアット パンダ フロントイメージ テールゲート開
フィアット パンダが40年間750万台も愛され続けたワケとは? 初代〜3代目最新パンダコンフォートまで歴史を深堀りする
ベース車から20PSパワーアップされた240台限定車「595 Pista」、カブリオレの「595C Pista」が登場【新車】
コロッセオグレーをまとう90台限定のフィアット・パンダの限定車「Panda Comfort」が登場【新車】
FCA初のEVとして誕生した新型フィアット500の航続可能距離は320km【新車】
ラテン車初の快挙!フィアット500/500Cシリーズの国内登録台数が50,000台に
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事