【シトロエン C5 エアクロス】カドを丸めた内外装とまろやかな乗り心地の個性派SUV!

■傑作サスペンション「ハイドロ」を思わせる乗り心地

シトロエン C5 エアクロス シャイン(431万9000円)に試乗しました。

全長は4500mm、全幅は1850mm。全高は1710mmあります。

エクステリアでは角を大きめのアールでならしたスクエアな造形が目立ちます。

シトロエン C5 エアクロス
ゆるやかなアールがついたデザインで統一されています

インテリアにおいてもそれは同様で、基本はスクエアなデザインをしながらも角を丸めるというデザインが反復されています。

世の中にあふれているSUVですが大変個性的な仕上がりになっています。

シトロエン C5 エアクロス
クロームのドア周辺モールは太さが連続可変

4気筒の2Lディーゼルターボエンジンは177psの最高出力と40.8kgmの最大トルクを持っています。

シトロエン C5 エアクロス
2Lディーゼルターボエンジンは例外的に静か

このディーゼルエンジン、ごくごく低速域では特有の乾いたサウンドはします。が、クルーズ走行に入ってしまうとエンジンの音は静かになり、ほとんど聞こえてきません。

また、それでいて流れの早いバイパスなどを走っていてもタイヤからのロードノイズや、大きな車体ゆえに本来は生じるはずの風切り音なども大変低く抑えられていて、とにかく車内が静かなのが特徴です。

シトロエン C5 エアクロス
小さな振動をきれいにいなす独自のショックアブソーバーを採用

また乗り心地に関してもかなりの個性があります。

とにかくしっとりやわらか、そしてフラットライドなんです。

これは初期の入力はしっとりと、そして中期以降はがっちりと踏ん張ることのできるような特性を目指して採用された『セカンダリーダンパー』入りのショックアブソーバーの効果が大きいです。

シトロエン C5 エアクロス
後席は3座が等しい幅

というわけでシトロエンC5エアクロスは大変静か、かつトルクフルなディーゼルターボエンジンと、静かな湖面を突き進むボートのような気持ちのいい乗り心地を与えてくれるサスペンションによって、長距離旅行にばっちり向いてそうな仕上がりになっているんでした。

シトロエン C5 エアクロス
スクエア+丸の造形はインテリアにも反復

かつてのハイドロシトロエンを思わせる良い乗り心地です。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『シトロエン』の最新記事
シトロエンが電動駆動バンの「e-Dispatch」をヨーロッパで発売
キャンプやスキーの足として最適なフランス生まれのMPV。居住性、使い勝手は?【シトロエン・ベルランゴ試乗記】
シトロエンがホームページで楽しめる塗り絵、ペーパークラフト、オリジナルトートのプレゼントを展開
カングーにそっくり!と思ったら、想像以上に大きさも中身も違ったフランス生まれのMPV【シトロエン・ベルランゴ試乗記】
シトロエン C5 エアクロス SUV
シトロエン・C5 AIRCROSS SUVに、1.6Lガソリンターボが追加設定【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事