ケンウッド「彩速ナビ」のハイコストパフォーマンスモデル「TYPE S」シリーズが新発売

ケンウッド タイプS

■8V型モデルの投入や最新のナビ連携型ドライブレコーダーに対応

「ケンウッド」ブランドのAVナビゲーションシステム「TYPE S」シリーズの2020年モデルが発表され、彩速ナビゲーション8V型「MDV-S707L」、7V型「MDV-S707W(200mmワイドモデル)」「MDV-S707(180mmモデル)」の計3モデルが1月中旬に発売されました。

8V型の対応として、専用8V型エスカッションや車種別専用取り付けキットを用意。トヨタ9インチ開口車専用エスカッション「KIT8-18T」や車種別専用取り付けキットを使用することで、さまざまな車種に幅広く取り付けが可能です。

ケンウッド タイプS
2020年モデルとして新たにケンウッドの「TYPE S」シリーズが登場。写真は8V型「MDV-S707L」

「TYPE S」シリーズは、上位モデルから継承された多彩な機能と操作性を備えるコストパフォーマンスの高いシリーズで、新商品3モデルは、同シリーズの特徴であるコストパフォーマンスの高さがさらに向上。

最新のナビ連携型ドライブレコーダーへの対応に加えて、新たにランドマークを高品位なグラフィックで表示する3Dポリゴンランドマーク表示や、フリック操作に対応したHOME画面など、これまで上位モデルに搭載されていた多彩な機能と操作性が用意されています。

また、「MDV-S707L」は8V型モニターの採用により、地図描画はもちろん地上デジタル放送やDVDなどの映像を高画質で楽しめます。

ケンウッド タイプS
彩速ナビTYPE Sの「MDV-S707W(200mmワイドモデル)」

新商品は、新たに地図上の建物などを美しいグラフィックで再現する3Dポリゴンランドマーク表示に対応し、見やすくリアルで美しい地図描写が可能。HOME画面は、細部の改良とフリック操作への対応により、使いやすさが追求されています。さらに、最新の前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MN940B」(1月中旬発売予定)をはじめ、ETC2.0車載器やリヤビューカメラなどの周辺機器との連携に対応するほか、逆走時リアルタイム警告機能を搭載し、安心、安全運転をサポート。

ほかにも、スマホ・アプリケーション「MapFanAssist」や地図サイト「MapFan」と連携するカーナビ向けのサービスに新たに対応しています。サーバーを介して「彩速ナビ」とデータのやり取りを行うことで、スマホで事前に目的地やドライブ計画、経由地を設定して「彩速ナビ」に転送したり、車両の位置をスマホの地図上で表示できるなど、スマホとナビとシームレスにつながることで利便性が向上しています。

ケンウッド タイプS
彩速ナビのTYPE S「MDV-S707(200mmモデル)」

AVでは、「FLAC」「WAV(192kHz/24bit)」をはじめとする、ハイレゾ音源の再生に対応。臨場感あふれるハイレゾサウンドが楽しめます。また、さまざまな音楽ファイルフォーマットの再生に対応し、デジタルサウンドの特徴である透明感に優れたサウンド再生が可能としています。

同社独自の高音質化技術「K2 TECHNOLOGY」の搭載により、ビット拡張、周波数帯域拡張、波形補正を行うことで、録音時に失われた信号成分を補完。さまざまなディスクメディアや圧縮フォーマットに加え、Bluetooth接続時の音源までより高音質化して、マスター音源のクオリティに近づけるなどの高音質サウンドも魅力です。

ケンウッド タイプS
彩速ナビ「TYPE S」の2020年新モデル

価格はオープンで、市場予想価格は「MDV-S707L(8V型)」が8万5000円前後、「MDV-S707W(200mmワイドモデル)」が6万5000円、180mmの「MDV-S707」が6万5000円となっています。

(塚田勝弘)

『ケンウッド』の最新記事
ケンウッドのエントリー向けスピーカー「RS」シリーズに、ハイレゾ音源に対応したセパレートタイプが登場
ケンウッド XSシリーズ
ケンウッド製スピーカーの最上級モデル「XSシリーズ」2モデルが新登場
ケンウッド タイプL
ケンウッド彩速ナビのエントリーシリーズ「TYPE L」の2020年モデルが発売
ケンウッド ドライブレコーダー
ケンウッドの「彩速ナビ」連携型の前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MN940B」が登場
ケンウッド カーオーディオ
「Amazon Alexa」との対話で楽曲再生が可能なカーオーディオがケンウッドから登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事