意外にも(!?)、バン&SUVタイヤをメインにしたファルケン【東京オートサロン2020】

■バン&SUV用タイヤでもファルケンらしいアクティブさがにじみ出る

モータースポーツイメージが強いブランドであるファルケンのブースに展示されたのは、ハイエースとジープという意外な組み合わせでした。

ファルケン オフロードタイヤラインアップ
タイヤを展示するだけでなく、そのタイヤのトレッドがどのようなデザインなのかをわかりやすく見せる展示が行われていた

ハイエースに装着されたタイヤはW11というモデルで、高荷重に対応するLT規格でありながら、サイドウォールにホワイトレターをあしらったファッショナブルなモデル。

働くクルマをスタイリッシュに仕上げたいユーザーにはぴったりのタイヤとなっています。サイズラインアップは17インチと16インチの215幅、そして15インチの195幅です。

ハイエース&W11タイヤ
ローダウンされ、ラッピングが施されたハイエースにはW11のホワイトレターがよく似合う
W11装着状態
FALKENのロゴと破線のラインの力強さを演出しているW11

ジープに装着されたタイヤはワイルドピークM/T01というクロスカントリーモデル。M/T(マッドティレイン)の名からもわかるように本格的なオフロードでの使用を前提にしていて、高いクロスカントリー性能と耐久性を誇るモデルとなっています。

じつは、ワイルドピークM/T01は日本未発売モデル。でありながら、カタログにもしっかり掲載されています。メーカーでは人気具合を見ながら、販売開始時期をうかがっているようです。

ラングラー M/T01
ラングラーのようなヘビーデューティなモデルにはやはりM/Tタイヤが似合う
ワイルドピークM/T01
たっぷりとした膨らみ感のあるデザインで、オフロード路面とのマッチングは間違いないであろうワイルドピークM/T01
ファルケンブース
ファルケンの世界へいざなうようなデザインのブースデザイン

(文/写真・諸星陽一)

『東京オートサロン2020』の最新記事
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
ヴィッツCVT清水号
CVTを鍛え上げた清水和夫が、ヤリスCVTでWRCラリージャパンに参戦か!? と言いたい放談・後編【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事