人気のRAV4をJAOS/IPF製パーツで仕立てたアグレッシブなコンプリートモデル【東京オートサロン 2020】

■狙いは「キング・オブ・アドベンチャー」。ネッツトヨタ高崎が手掛けたRAV4

「GTC GUNMA TOYOTA GROUP」のネッツトヨタ高崎がJAOS、IPS製パーツを中心にカスタマイズしたRAV4は、同モデルの中でもアグレッシブなスタイリングが特徴の「Adventure(アドベンチャー)」がベースです。

GTC RAV4 東京オートサロン2020
GTC(ネッツトヨタ高崎)がJAOS製パーツなどで仕立てたRAV4

エクステリア系パーツとして、モデリスタ製JAOS(純正)、JAOS製ZS-Wテールパイプ、マッドガード、IPF製のライトバー、フォグランプ、TRD製ルーフキャリア(別塗装)、サイドステップを装着。

GTC RAV4 東京オートサロン2020
ネッツトヨタ高崎のRAV4

内装にはオレンジ加飾(塗装)、REALステアリング(ワンオフ)、LXモードのインナードアイルミネーション、ラゲッジルームランプ、IPFルームランプ(LED)が装備されています。

GTC RAV4 東京オートサロン2020
ホイールはJAOSのADAMS BL5(17×7.5J)を装着

足元を飾るホイールは、JAOSのADAMS BL5(17×7.5J)、タイヤはフロントがヨコハマタイヤの「G003」、リヤがBFGoodrichの「T/A KO2」を装着。前後共にサイズは225/65R17です。

GTC RAV4
JAOS製ZS-Wテールパイプ

同コンプリートカーは、ラギッドなRAV4アドベンチャーをよりアグレッシブに仕立てるJAOS&GTC GUNMA TOYOTA GROUPスタイルの提案となっています。

(文/写真 塚田勝弘)

『東京オートサロン2020』の最新記事
塚本奈々美DriftBoxチャンネルのヘッダー
塚本奈々美、プロゲーミングチーム・Burning Coreのプロモーションディレクター就任
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事