IMPULは人気のスカイライン400Rのカスタマイズカーをいち早く展示【東京オートサロン2020】

●日産車のカスタマイズの老舗が手掛けるスポーティセダンに注目

現役時代「日本一速い男」と呼ばれた星野一義氏が代表取締役社長を務めるのが、日産車のカスタマイズを得意とするホシノインパルです。今回IMPULはオートサロン2020に5台のカスタマイズカーを出展しました。

インパルブース
IMPULブースの全景

最も注目したいのは、マイナーチェンジで登場し若者に人気となっているスカイライン400Rの海外仕様であるインフィニティQ60をカスタマイズした、インフィニティQ60 Red Sport 400。まだライトなカスタマイズに留まっていますが、今後の展開に注目です。

インパルの外観05
IMPUL Q60のフロントスタイル

続いて紹介するのはフーガをベースとしたIMPUL 651S Premium Version。エアロダイナミクスPremium Versionと名づけられた後期型用のエアロフルキットは46万円。エアロダクトが左右セットで5万8000円、フロントグリルエンブレム用イルミネーションが1万5800円。そしてエアロサイドバイザーが前後左右1セットで3万2000円となっています。ホイールやダンパー、CPUなど多彩なパーツラインナップが魅力です。

インパルの外観02
IMPUL 651Sのフロントスタイル

2019年にマイナーチェンジを行ったミニバンの人気モデル、セレナのエアロパーツ装着モデル“IMPUL SERENA”を出展しました。ABS製のフロントグリルカバー、フロントハーフバンパー、リアハーフバンパー(塗装済)で19万8000円。オプションのリアウイングは4万5000円。そしてIMPULミレニアムという18インチホイールは1本2万9000円です。

インパルの外観01
IMPUL SERENAのフロントスタイル

IMPUL X-TRAILのフロントグリルはノーマルに被せるだけというお手軽なカスタマイズを実現しています。エンブレムが付いた塗装済のフロントグリルは6万8000円、未塗装のフロントグリルは5万円。フロントハーフ・メッキガーニッシュセットとリアハーフ・メッキガーニッシュセットはそれぞれ9万8000円、FRP製のリアウイングは6万円となっています。

インパルの外観03
IMPUL X-TRAILのフロントスタイル

最後はビジネスシーンで活躍するNV350キャラバンをカスタマイズしたIMPUL NEW NV350 CARAVAN。エアロダイナミクスシステムと名づけられたエアロパーツは、フロントグリルが6万円、フロントハーフスポイラーも6万円。ドアパネル(左右1セット)は8万円、リアハーフスポイラーは5万8000円、リアウイングは5万2000円、フェンダートリムは5万5000円、リアパネルプレートは4万5000円。エアロバイザーは1万9000円です。

インパルの外観04
IMPUL CARAVANのフロントスタイル

さらに、NV350 CARAVAN専用に開発された専用設計ホイールも開発され、懐かしいIMPULシルエット(1本2万5000円)のデザインのアルミホイールも用意されています。さすがは日本一速い男、新しいクルマのパーツを手掛ける速さも抜群です。

(萩原文博)

『東京オートサロン2020』の最新記事
塚本奈々美DriftBoxチャンネルのヘッダー
塚本奈々美、プロゲーミングチーム・Burning Coreのプロモーションディレクター就任
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事