今年もジムニーは大人気! 約40mmのリフトアップと前後スポーツカウルで注目を集めるJAOSジムニー【東京オートサロン 2020】

■「JAOS+ジムニー」15周年の集大成にふさわしい存在感

未だに1年待ちなど年単位のバックオーダーを抱えているスズキ・ジムニー。「JAOSジムニー」は、世界に誇るマイクロクロスカントリー4WDをJAOSのエクステリア、機能系アイテムでカスタマイズしたコンプリートカーです。

ジャオス ジムニー
「JAOS JIMNY」の外観

注目は、ついに完成したウレタン製スポーツカウル。リヤのスポーティな4連丸型テールランプも目を惹きます。

装備されているパーツをご紹介すると、JAOS製のフロントスポーツカウル、フロントグリル、スポーツカウル用スキッドプレート、リヤスポーツカウル、フェンダーガーニッシュ typeX、トランスファーガード、キャニスターガード、アームプロテクター(フロント/リヤ)、スペアタイヤブラケット、マッドガードIII、ドアハンドルプロテクターです。

ジャオス ジムニー
JAOS JIMNYのリヤビュー

さらに「BATTLEZ」ブランドでは、マフラーZS TC スポーツカウル用、リフトアップセット VFSコンプリート、ステアリングダンパーを用意。ホイールは、JAOS EXCEL JX3(16×5.5J+22)、タイヤはBFGoodrich M/T T/A3(205/80R16)を装着。なお、同コンプリートカーは、リフトアップセット VFSコンプリートにより約40mmのリフトアップが施されています。

ジャオス ジムニー
ABS製フェンダーガーニッシュを装備。ホイールは、JAOS EXCEL JX3、タイヤはBFGoodrich M/T T/A3

各社からは多彩なジムニーのコンプリートモデルが提案されていますが、JAOSがジムニーを手がけて15周年の集大成と位置づけられた「JAOSジムニー」は一見の価値ありです。

(文/写真 塚田勝弘)

『東京オートサロン2020』の最新記事
塚本奈々美DriftBoxチャンネルのヘッダー
塚本奈々美、プロゲーミングチーム・Burning Coreのプロモーションディレクター就任
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事