WORKは2台のデモカーと2020年新製品アルミホイールを披露【東京オートサロン2020】

ワーク 東京オートサロン2020

■2020年の新製品を8ライン展示

WORKは、2020年の新製品ホイールを中心に、2台のデモカー、D1グランプリを2度、Formula Driftも制している斎藤太吾選手が駆るトヨタGRスープラ「ZEKNOVA」を展示しています。

ワーク 東京オートサロン2020
東京オートサロン2020のWORKブース

インフィニティ「Q60 3.0t LUXE」をベースとしたデモカーは、2020年新製品で開発中の「ZEAST ST3(ジースト・エステティースリー)」を装着。フロントが20×10.0J +20、リヤは20×10.0J +42。ホイールカラーは、フロントがトランスグレーポリッシュ、BUFFED-ALUMITE RIM。リヤホイールのカラーは、ブラッシュド、CUT-ALUMITE RIM。タイヤはヨコハマタイヤの「ADVAN Sport V105」を履き、サイズはフロントが255/35ZR20、リヤは295/30ZR20です。

ワーク インフィニティ 東京オートサロン2020
インフィニティ「Q60 3.0t LUXE」をベースのデモカー
ワーク 東京オートサロン2020
WORKの「ZEAST ST3」を装着

もう1台のアウディ「S5スポーツバック」の足元を飾るのは、「Gran Seeker DMX(グランシーカー・ディーエムエックス)」で、スリーピース構造の大口径、フルカスタム向けアルミホイールを装着。フロントサイズは、20×10.0J+31、リヤは20×10.5J+32。ホイールカラーは、フロントがカットクリア、BUFFED-ALUMITE RIM。リヤがブラック、BUFFED-ALUMITE RIM。リヤがタイヤは、ファルケン「AZENIS F510」で、フロントが265/30ZR20、リヤが265/35ZR20です。

ワーク 東京オートサロン2020
アウディS5スポーツバックのデモカー

壁一面に配置されているアルミホイールの展示は、2020年新製品を中心に、多彩なコレクションが並んでいて、WORKのデザインと技術を一度にチェックできます。

ワーク 東京オートサロン2020
アウディS5スポーツバックのアルミホイールは「Gran Seeker DMX」

そのほか、「WORK Edition」の20周年キャンペーン(WORKEMOTIONホイール4本購入でオリジナルグッズが当たる)、ステッカーやレーシングナット、Tシャツなどのアパレル、グッズ販売も行われています。

(文/写真 塚田勝弘)

『東京オートサロン2020』の最新記事
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
ヴィッツCVT清水号
CVTを鍛え上げた清水和夫が、ヤリスCVTでWRCラリージャパンに参戦か!? と言いたい放談・後編【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事