SUBARUから新型「レヴォーグ プロトタイプ STI Sport」が登場。 ノーマル仕様同様に2020年内の発売!?【東京オートサロン2020】

■「SUBARU BRZ STI Sport」と「WRX S4 STI Sport」のカスタムコンセプトも展示

2019年12月25日、SUBARUは「東京オートサロン2020」の出展概要を発表しました。先の「東京モーターショー2019」では新型レヴォーグ プロトタイプの出展が目玉で、2020年後半の発売がすでにアナウンスされています。

スバル レヴォーグ プロトタイプ
東京モーターショー2019で初公開されたSUBARUの新型「レヴォーグ・プロトタイプ」

令和初となる東京オートサロンでは、「新型レヴォーグ プロトタイプ STI Sport」が最大のトピックスになります。

今回、初めて公開される「新型レヴォーグ プロトタイプ STI Sport」はSUBARUとSTI(SUBARU TECNICA INTERNATIONA)が一丸となり、新型レヴォーグの進化した走りにさらなる磨きをかけたそう。革新を続けていくという、「SUBARUの走りの未来」を象徴するクルマと位置づけています。

スバル レヴォーグ プロトタイプ STI Sport
東京オートサロン2020で披露される「レヴォーグ・プロトタイプ STI Sport」

ほかにも、東京オートサロンらしく「SUBARU BRZ STI Sport」と「WRX S4 STI Sport」のカスタムコンセプトも披露され、SUBARUとSTIならではの走りの楽しさが提案されます。

スバル 東京オートサロン2020
東京オートサロン2020のSUBARUブースイメージ

モータースポーツ参戦車両もSUBARUブースを盛り上げます。STIのモータースポーツへの挑戦を象徴するクルマとして、2019年にクラス連覇を果たしたニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車「WRX STI NBR CHALLENGE 2019」、SUPER GT参戦車の「SUBARU BRZ GT300 2019」、WRX STI 全日本ラリー2019参戦車の3台を展示。

なお、1月10日11:00 から実施される報道陣向けのプレスカンファレンスでは、「新型レヴォーグ プロトタイプ STI Sport」のほか、 2020年のモータースポーツ参戦体制についても発表予定となっています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。