幌を閉じても美しい。LEXUS LCのオープンは2020年に日本発売【LAオートショー2019】

■ボディ全体を新設計。クーペモデルと同じ走りを追求

ロサンゼルスオートショーでレクサスが公開したのが「LCコンバーチブル」の市販モデル。東京モーターショーでも「参考出品」として展示されていましたが、LAで公開されたのはさらに煮詰めた市販仕様というわけです。

LC500コンバーチブル

それにしても、なんという美しさでしょうか。「息をのむ美しさ」とはこういうことでしょうかね。プロポーションは伸びやで優雅だし、オープンとしたことで華やかさも増している。こういうの、カリフォルニアにはよく似合うんですよね。海沿いの道をドライブしたりしちゃったりして。

なんとも優雅なリヤスタイル
幌を閉じても美しい

そんなカリフォルニアでLCコンバーチブルを見て感じたのは、3000万円級のスーパーカーと比べても引けを取らない美しさだということ。ここだけの話、リアルに見入ってしまい、仕事を忘れそうになったほどです。お金持ちがロデオドライブ(ロサンゼルスの高級住宅街ビバリーヒルズにある超高級ショップの並ぶストリート)へ買い物に行くのにも似合いそう。

電動開閉スイッチはセンターコンソールに

そんなLCオープンは、オープン時だけでなくクローズ時も美しい。ルーフは電動オープントップで、静粛性にも配慮した4層構造。開閉にかかる時間は開けるのが15秒で閉じるのは16秒。50km/h以下であれば、走行中も開閉可能だそうです。

閉じた幌のラインが優雅

パワートレインは、ハイブリッドはなくV8自然吸気。気持ちいい音を楽しめるように、排気音を演出するバルブも採用しています。

ホワイトブルーのコーディネートもエレガント

それにしても美しい。あまりにも美しいので惚れちゃいました。日本でも2020年夏から発売するそうなので、買っちゃおうかな。もし宝くじが当たったら。

(工藤貴宏)

『LEXUS』の最新記事
2020年冬に日本で発売される新型レクサスLS。内・外装、走りはどう変わる?
レクサスLS
レクサスの最上級セダンLSがマイナーチェンジ。最新の自動運転技術を搭載【新車】
新型LSエクステリア
レクサスLSがビッグマイナーチェンジで「手放し運転」が可能に【新車】
モデリスタ レクサスLC
一部改良で走りを磨き上げたレクサスLCに「モデリスタ」のエクステリアパーツが登場
レクサスLCコンバーチブル
イタリアの青の洞窟をモチーフにした60台限定「LC500 Convertible“Structural Blue”」が登場【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事