隠れ過ぎてるけど秀逸なホンダ・グレイス、実は生活四駆が雪国で大人気!【清水和夫の好奇真】

メディアはめったに取り上げないけどホンダの中の隠れた名車、レジェンドとグレイスは特筆すべき4ドアセダンだ!と力説する国際モータージャーナリスト・清水和夫さん。

前回のレジェンド編に続き、今回はグレイスをピックアップです。

■あなたはグレイスを知っていますか? なんとAWD仕様もあるんです!

●まさに隠れすぎた名車中の名車、「4ドア・NAエンジン・DCT 1モーター・5ナンバーセダン」とオンリーワンがテンコ盛り

ホンダらしく走る愉しさを提供できるハイブリッドは、レジェンドやNSXだけではない。悪夢のリコールとなったフィットはダイレクト感のあるDCT(ツインクラッチ)というギヤボックスを使った1モーターハイブリッドなので、実はパドルシフトを使うととても楽しく走れるのだ。

レジェンドと同じく、自然吸気エンジンとDCTのコンビネーションは、現在はホンダだけだ。というのは、ポルシェやマクラーレンなどのスーパーカーはDCTにターボエンジンを組み合わせている。あえて言えばポルシェGT3くらいだろうか。

グレイスの走り
かつては日本の主流だったコンパクト4ドアセダンも、見渡すとグレイスくらいか。

そのフィットのプラットフォームを使って5ナンバーサイズのセダンは「グレイス」と呼ばれているが、ほとんど知られていない。「5ナンバー、セダン、ハイブリッド、DCT、自然吸気」と5つも独自の機能を持つグレイスは知られていない名車なのだ。乗り心地ではオールホンダの中でも秀逸な快適性を持っている。

使い勝手もドライビングも、またシートに至るまで物凄く良くできています。

そのシャシー性能にDCTハイブリッドが組み合わされるので、グレイスは外見からは想像できないほどシュールな走りだ。しかも、グレイスには生活四駆(AWD)も用意される。1モーターハイブリッドのAWDは北国の人たちにお勧めできる。

その名前から想像するのは「Grace Patricia Kelly(グレース・パトリシア・ケリー)」。エルメスのケリーバッグは100万円以上もするハンドバッグで有名だが、元アメリカの女優さんで、モナコ公国の公妃となった方。気品に満ちた容姿が「クール・ビューティー」と賛美されたが、ホンダのグレイスもクールカーなのである。

グレイスのコクピット
シンプルかつ機能的なグレイスのコクピット。

【結論】

レジェンドとグレイスの共通点はポルシェGT3にも通じている。自然吸気エンジンの伸び感、DCTの切れのよさ、セダンの使い勝手。この2台はホンダの名車となるはずだ。

清水和夫さん
東京モーターショー20197ホンダブースにて。

(文:清水 和夫/画像:HONDA/アシスト:永光 やすの)

【関連記事】
ホンダ・レジェンドは裏通りのスナック! グレイスは隠れ過ぎた名車! レジェンド&グレイスになぜ世間は注目しないのか!?【清水和夫の好奇真】
https://clicccar.com/2019/11/08/928667/

『ホンダ』の最新記事
2022civic_Japan
新型シビックのワールドプレミアは6月24日。クーペライクなハッチバック・シルエットが公開
ホンダ シビック
新型ホンダ・シビックはハッチバックのみで、2021年秋に発売予定!?
ホンダN-BOX
ホンダ・N-BOXが累計販売台数200万台を突破。フィット超えとなるホンダ史上最速の9年5か月で達成
ホンダ・フィット・モデューロX
ホンダ・フィットに待望のモデューロX仕様「FIT e:HEV Modulo X」が追加
ホンダジェット・エリートS
好調な国産ジェットの「ホンダジェット」に、最大離陸重量・航続距離を延ばした最新型の「HondaJet Elite S」が登場

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事