ダンロップの「GRANDTREK AT23」がレクサス GXのOEタイヤに選定

●オンロード・オフロード性能を兼ね備えたオールラウンドタイプ「GRANDTREK  AT23」

住友ゴムは、レクサスが北米で販売している大型SUVのレクサスGXのOE(新車装着用)タイヤとして、DUNLOP(ダンロップ)「GRANDTREK(グランドトレック) AT23」の納入を開始したと発表しました。

ダンロップ
レクサスGXのOEタイヤに選定されたダンロップ GRANDTREK AT23

レクサスGXは、トヨタ・ランドクルーザー・プラドのレクサス版で、大きなスピンドルグリルが目を惹く2020年モデルを2019年6月に米国で発売しています。

レクサスGX
2020年モデルのレクサスGX

「GRANDTREK」シリーズは、様々なフィールドに対応したSUV用タイヤ。今回装着される「GRANDTREK AT23」は、オンロード・オフロード性能を兼ね備えたオールラウンドタイプで、レクサスGXが求める上質な乗り心地と操縦安定性能の実現に貢献しながら、優れた低燃費性能も兼ね備えているそう。レクサスGXに装着されるのは、265/55R19 109Vサイズになっています。

(塚田勝弘)

『LEXUS』の最新記事
レクサスLS
レクサスの威信をかけた「Advanced Drive」を新型LSに搭載し、2021年発売予定【新車】
レクサスLS
新型レクサスLSに採用された新ボディカラーの「銀影(ぎんえい)ラスター」とは?【新車】
レクサスLS
レクサスLSがビッグマイナーチェンジ。乗り心地や静粛性の向上など、快適性をさらにアップ【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事