名車XR250の再来たる由縁は、扱い切れるリアルな戦闘力にあり!【ホンダCRF250F・エンジン編】

■空冷SOHCエンジンが生み出すホンダCRF250Fの軽やかな高性能

CRF250F
CRF250Fの古典的なメカニズムが、現代に求められる新しい走りを生み出す。

元はコンペティションモデルですが、横浜のバイクショップ・アルファスリーが保安部品を取り付けて公道仕様として販売されているホンダCRF250F。カリカリのハイパフォーマンスな最新鋭オフロードモデルとは逆行するかのように、オーソドックスなエンジンとサスペンションを搭載しています。しかし単なるノスタルジックなバイクではなく、リアルな戦闘力を備えたバイクだからこそ、このマシンは、かつての名車XR250の再来と噂されているのです。

CRF250F
これがCRF250Fの心臓部。

CRF250Fを特徴づける最重要パーツが、このSOHC空冷単気筒249ccエンジンです。ラジエターなどの複雑な冷却装置を持たず、カムシャフトも1本だけなので、シンプルで軽量、しかも低重心のエンジンに仕上がっています。

CRF250F
整然と並ぶフィンには、空冷エンジンならではの造形美が。

水冷なら、さらに効率的にエンジンを冷却でき、DOHCなら、さらなる高出力も期待できるのですが、一般のライダーがその性能をダートでフルに引き出すのは難しいのも事実です。オフロード走行がメインなら、空冷SOHCエンジンは、多くのライダーにとって性能と扱いやすさを兼ね備えたバランスのいいエンジンといえそうですね。

●正立サスペンションで柔らかく軽快な乗り味に

CRF250F
CRF250Fのフロントフォークはオーソドックスな正立式。

サスペンション性能だけを単純に比較すると、一般的にはバネ下が軽く、剛性の高い倒立式が優れているといわれますが、CRF250Fのフロントフォークは正立式です。正立式は安価で整備しやすい方式ですが、メリットはそれだけにとどまりません。重いアウターチューブが下側になるため、マシン全体が低重心化されて取り回しが軽くなり、倒立式ほどの剛性がないことで、かえってソフトな乗り味を生み出すこともできるのです。

CRF250F
CRF250Fのリアサスペンションはプロリンクサスペンション。

いっぽうリアサスペンションは、シンプルなプロリンクサスペンションです。前後ともオーソドックスな形式のサスペンションながら十分なクオリティがあり、よほど過激なライディングをしないかぎり、一般のライダーが性能不足を感じることはなさそうですね。

高まる期待に、走り出すのが待ちきれないほどですが、次回はもう少し詳しくCRF250Fのディテールをチェックしていきましょう。

ホンダCRF250F
【主要諸元】
全長×全幅×全高:2108mm×798mm×1185mm
シート高:883mm
エンジン種類:空冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
総排気量:249cc
最高出力/最大トルク:22pp/2.28kgm
燃料タンク容量:6ℓ
タイヤ(前・後):80/100-21・100/100-18
ブレーキ:前後ディスク
車両価格:77万8000円
※アルファスリーにて取り扱い

(写真:高橋克也 文:村上菜つみ)

【関連リンク】
アルファスリー
https://www.alphathree.co.jp/

この記事の著者

村上菜つみ

村上菜つみ 近影
福岡出身・東京在住のモデル&モータージャーナリスト。ツーリング雑誌での編集経験を経て独立し、二輪・四輪問わず幅広い分野で執筆中。「月刊モトチャンプ」連載中の「ぶらり二輪散歩」で使用したバイクのインプレッションを毎月6日(モトチャンプ発売日)に公開する他、乗り物関連の展示を紹介する「村上菜つみのミュージアム探訪」をシリーズ連載しています。愛車はホンダ・モビリオスパイク&ホンダ・VTRです。