ホンダ・フリードがマイナーチェンジ。クロスオーバースタイルの「クロスター」を新設定【新車】

ホンダ フリード

●新型フリードはACCの改良で高速巡航もスムーズに

コンパクトミニバンのホンダ・フリード/フリード+(プラス)がマイナーチェンジを受け、内外装をリフレッシュする共に、クロスオーバースタイルの新グレード「CROSSTAR(クロスター)」が追加されました。

ホンダ フリード
ホンダ・フリードに追加されたクロスター

価格帯は、フリードのハイブリッドが2,380,400円〜3,018,400円。フリードのガソリン車が1,997,600円〜2,418,900円。フリード+のハイブリッド仕様が2,583,900円〜3,040,400円。フリード+のガソリン車が2,182,400円〜2,820,400円。

なお、ハイブリッドは1.5LアトキンソンDOHC i-VTEC+i-DCD、ガソリンが1.5L 直噴DOHC i-VTECで、トランスミッションは前者が7速DCT、後者にはCVTが組み合わされています。

ホンダ フリード
ホンダ・フリード「クロスター」のリヤビュー

新グレードの「クロスター」には、専用のフロントグリルや前後バンパー、LEDフォグライト、ルーフレール、アルミホイール、専用色のドアアウターハンドルやドアミラーが採用され、日常からアウトドアシーンにまで映えるクロスオーバースタイルに仕上げられています。

ボディサイズは、5ナンバー枠に収まるため、取り回しも良好。クロスター専用のプライウッド調パネルを採用。インテリアでは専用コンビシートが採用され、汚れの目立ちにくいデジタル柄とすることでアウトドアの非日常感を表現したとしています。

ホンダ フリード
ホンダ・フリードのノーマルモデル

一方の標準車もイメチェンされていて、フロントマスクは、フード、グリル、バンパーやロアグリルの形状変更により、精悍で落ち着きのあるシンプルなスタイルに。さらに、アルミホイールのブラック部分をダークグレーに変えることで、より洗練された質感になっています。

内装は、ウォールナット調パネルによりクオリティアップが図られています。さらに、木目調パネルには落ち着きのあるウォールナットのデザインが新たに採用され、シート表皮も刷新されています。

また、先進安全装備の「Honda SENSING(ホンダ・センシング)」が全車に標準装備され、新たに後方誤発進抑制機能を追加。また、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を、加減速時によりスムーズなフィーリングとなるようにアップデート。

走りの面では、下り坂でシフトレバーを操作することなく、一定のブレーキ操作だけで、エンジンブレーキを併用したスムーズな減速が行えるステップダウンシフト制御をホンダのミニバンで初めて採用されています。これにより、走行状況に応じたダウンシフト制御を行うとともに、エンジンの回転を適切に保ち、なめらかな走りが可能になったとしています。

(文/塚田勝弘 写真/長野達郎)

『ホンダ』の最新記事
2020年にマイナーチェンジを受けるホンダ・シビックの先行ホームページがオープン【新車】
清水和夫さん
隠れ過ぎてるけど秀逸なホンダ・グレイス、実は生活四駆が雪国で大人気!【清水和夫の好奇真】
清水和夫
ホンダ・レジェンドは裏通りのスナック! グレイスは隠れ過ぎた名車! レジェンド&グレイスになぜ世間は注目しないのか!?【清水和夫の好奇真】
全身くまなく無限パーツをまとったシビックタイプR。流れるウインカーも開発【シビック タイプR用無限パーツ】
フランクフルトショー’19への日系ブランド出展がホンダ1社のみだった理由とは?
ホンダ フリード
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事