レクサスGS Fが一部改良。新たなボディコーディネイトとサスペンションの改良で、公道・サーキットでの走りを深化【新車】

●レクサスのスポーツイメージを牽引する「GS F」が一部改良

レクサスのスポーティセダンである「GS F」が10月1日に一部改良を受け、同日から発売されました。GS Fは「日常からサーキットまで、シームレスに走りを楽しめる」という“F”モデルの哲学を追求し、2015年にデビュー。

レクサスGS F
一部改良を受けたレクサスGS Fの外観

レクサスGSをベースに、NAエンジンならではの滑らかさとレスポンスの良さを楽しめるV型8気筒エンジンや、優れたボディ剛性、コーナリング時に理想的な車両挙動を実現する駆動力制御システムTVD(Torque Vectoring Differential)などにより、セダンでありながらサーキット走行を楽しめる“F”モデルの高性能セダンとして、レクサスのスポーツイメージを牽引。

レクサスGS F
ブレンボ製ブレーキを装備

10月1日の一部改良では、標準設定のアルミホイールに“F”を主張するマットブラック、ドアミラーとBピラーガーニッシュにブラックのアクセントカラーが配され、力強い走りを想起させる精悍なスタイリングに。Brembo(ブレンボ)製のブレーキキャリパーは、オレンジもしくはスポーティな新色のブルーが選択可能で、全8色のボディカラーとのコーディネイトも楽しめます。

レクサスGS F
内装色のブラック&アクセントホワイトのホワイトを強調

また、内装色のブラック&アクセントホワイトは、配色を変更することで、ホワイトのアクセントをより強調。足まわりでは、サスペンションが改良され、ステアリングブッシュの剛性を高めてドライバーの意図がよりリニアに伝わるようセッティングされています。さらに、リヤトーコントロールアームブラケットのアルミダイキャスト化により、軽量化と高剛性を実現し、普段の走りでは安定したステアリング操作を確保したとしています。また、サーキットでは、限界域でのコントロール性を追求することで、“F”ならではのスポーツ走行を進化させたそう。

レクサスGS F
レクサスGS Fのリヤサスペンション

GS Fのパワートレーンは、2UR-GSE型の5.0L V型8気筒エンジンで、トランスミッションは、8ATの8-Speed SPDS。駆動音はFRのみで、価格は11,440,000円です。

(塚田勝弘)

『LEXUS』の最新記事
飯田裕子さんがトヨタアドバンスト・ドライブを体験
飯田裕子がレクサスLSのアドバンストドライブ初体験。大型車との間をちょっと空けるキメ細やかさに感動!
RC-F フロントスタイル俯瞰
レクサスRC-FパフォーマンスパッケージはAMGやMともガチ勝負できる過激なクーペ【試乗】
レクサスES
マイナーチェンジを受けたレクサスESのエクステリア、インテリアデザインをチェック

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事