デザイン、ボディカラーが購入動機にもなっているルノー キャプチャーがカラーラインナップを変更【新車】

●インテンスのカラーラインアップが変更

デザインやボディカラーに惹かれて購入する人が多い、ルノー キャプチャー。

2019年9月26日、ルノー キャプチャー インテンスのカラーラインアップが変更されました。同コンパクトSUVは、流れるようなボディラインが作る力強くエレガントなシルエット、高いアイ ポイントによる取り回しの良さ、2トーンのボディカラーが特徴。

ルノー キャプチャー
ボディカラーのラインナップを変更したルノー キャプチャー

今回、「インテンス」グレードがルーフとボディのカラーラインアップの変更を受け、シックな印象の佇まいになっています。ルーフカラーは「ノワール エトワール(黒)」に統一され、ボディカラーは「ルージュ フラムメタリック(赤)」と「グリ カシオペメタリック(グレー)」の新色2色を含む4色となっています。

ルノー キャプチャー
ルーフカラーをブラックに統一したルノー キャプチャー

シートカラーは、「イヴォワール」のボディカラーには「ブラウンファブリック」が組み合わされ、それ以外のボディカラーには「グレー ファブリック」シートが組み合わされます。ルノー キャプチャーのグレード構成は、従来と変わらず、ファブリックシートが装備された「インテンス」と、レザーシートになる「インテンス レザー」の2グレード構成。

ルノー キャプチャー
シックなインテリアが特徴

価格は「ルノー キャプチャー インテンス 」は、2,699,000円(8%税込) ・2,749,000円(10%税込) 。「ルノー キャプチャー インテンス レザー 」が2,799,000円(8%税込) ・2,851,000円(10%税込) です。

(塚田勝弘)

『ルノー』の最新記事
ルノートゥインゴ
ルノー トゥインゴ/トゥインゴ キャンバストップに、トリコロールのストライプが映える140台限定車が登場
ルノートゥインゴ
ルノー・トゥインゴが装備を充実化。4色のレザー調×ファブリックコンビシートとインテリアカラーを用意
ルーテシアフロントスタイル
ルノー・ルーテシアは素晴らしい動力性能とハンドリングを持つ。初採用のACCもマッチング良好【試乗】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事