ミニバンにSUVのテイストを! ホンダ フリードに新グレード「クロスター」が登場【新型フリード登場】

●「フリード グロスター」は数々の専用装備でSUVテイストをプラス

ホンダの5ナンバーサイズミニバン・フリードに、SUVテイストあふれる『クロスター』が新設定されました。

このクロスターの特徴はボディ内外にアウトドアギアテイストあふれる装いを採用したところ。

フロントでの特徴は、専用のハードな造形のグリルとバンパーが採用された点です。

サイドに回ると、ボディの下部をサイドシルガーニッシュが覆っていることがわかります。

またルーフレールも標準装備しています。ほかにドアミラーとドアハンドルが専用のシルバー塗装になっています。

さらに専用のアルミホイールが装着されていることにも注目です。

リヤに回るとバンパー下部に金属を思わせるシルバー塗装のアクセントが入った外装パーツがセットされていることが分かります。

ナンバープレート上部のガーニッシュもダーククロームの専用塗色になりました。

インテリアではインパネにローズウッドの専用木目パネルがセットされています。

シートはブラックとオレンジを基調にした専用の表皮がセットされています。

ステッチ部分もオレンジの独自色。

ちなみにクロスター(6人乗り仕様)では、2列目と3列目をフラットにつなげることが可能で、車中泊ができそうなほど快適な空間が出来上がります。

なおフリード全体のマイナーチェンジに合わせ、吸排気のカムシャフトの中空サイズを16mmΦから17mmΦに拡大して軽量化を図るなどのエンジン改良も行われています。

またハイブリッド車用エンジンではインテークポートや燃焼室形状の変更などを行い、さらに効率の良いユニットとしています。

フリードには3列7人乗り仕様も設定されますが、このクロスターでは3列6人乗り仕様と2列5人乗り仕様(フリード プラス クロスター)のみのラインナップとなります。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『ホンダ』の最新記事
全身くまなく無限パーツをまとったシビックタイプR。流れるウインカーも開発【シビック タイプR用無限パーツ】
フランクフルトショー’19への日系ブランド出展がホンダ1社のみだった理由とは?
無限シビックタイプR 走り
ショックアブソーバーなどは変更せず、ホイールの変更だけでセッティングを出す【シビックタイプR 無限パーツ装着車】
無限インサイト前7/3
モデルごとに異なるコンセプトを採用。各車の魅力をアップする無限パーツ【ホンダ・Nワゴン/インサイト/CR-V 無限パーツ装着車】
ホンダ・フリード
新型フリードをよりアグレッシブに、より便利に変身するホンダアクセスのアイテム【新型フリード登場】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事