常設ベッドを備えた夫婦やファミリー向けで、日常使いしやすい4ナンバー登録「backpacker」【最新キャンピングカー(バンコン編)】

●ハイエースベースで4ナンバー登録。シンプルなレイアウトが特徴の「backpacker」

4ナンバー登録のコンパクトサイズ(全長4695×全幅1695×全高1980mm)、シンプルなレイアウトで「毎日使えるキャンピングカー」を謳っているのがRVランドの「backpacker(バックパッカー)」です。

ベース車は、トヨタ・ハイエースのロングバン DX 標準ボディ、標準ルーフ、「GLパッケージ」。エンジンは、2.0Lガソリン・2.8Lディーゼル、2WD・4WD(ディーゼルのみ)から選択できます。

RVランド・バックパッカー
RVランドの「バックパッカー」は、ハイエースの標準ボディ、標準ルーフがベース

乗車定員は5名、就寝人数は2人+αで、1870×1420mmのリヤ常設ベッド、950×900mmの2列目シートベッドを合わせると、最大で2820×1420mm/900mmの広大なベッドスペースになります。2列目シートベッドは、セカンドシートを倒して、追加ベッドマットを乗せるだけで展開可能。

RVランド・バックパッカー
RVランド・バックパッカーの常設ベッド。夫婦2人ならベッドメイクする必要はない

標準装備されるキャンパー装備は、常設ベッド、REVOバタフライ900mmのセカンドシート、テーブル、メイン・サブデジタルバッテリーメーター&プロテクター(バッテリー保護システム)、メイン・サブ自動管理走行充電システム、100Ah超高性能ディープサイクルサブバッテリー(×1)、フルトリム、床全面クッションフロア、右オーバーヘッドキャビネット、収納庫など。

FFヒーターやサイドオーニング、遮光カーテン、外部電源、冷蔵庫などはオプションになります。

RVランド・バックパッカー
セカンドシートを後ろ向きにしてテーブルを囲むダイネット。走行時は前向き乗車になる

セカンドシートを後ろ向きにしてテーブルを設置すれば、常設ベッドをソファ代わりにしてダイネットとして使えます。また、リヤ常設ベッド下の収納スペースは、長さ1450×幅750×高さ250mm、長さ450×幅400×高さ250mmの2か所があり、スノーボードやスキー板などの長尺物の積載も可能。

RVランド・バックパッカー
右側に小物の収納に便利なキャビネットを用意

車内で調理はしないけれど、荷物を積んで車中泊を楽しむ夫婦や小さな子どもが1〜2人いるファミリーに普段使いもしやすいライトキャンパーといえそうです。展示車両の価格は366万5000円(諸費用別)です。

(文/写真 塚田勝弘)

『キャンピングカー』の最新記事
スマイルファクトリー・オフタイムトラベラー3
大人2人+子どもの就寝も可能にする上下2段ベッドを備えた人気軽キャンパー【最新キャンピングカー(軽キャンパー編)】
ピーズ リラクス
「軽キャンパー以上・ハイエース未満」を埋める、日産 NV200バネットの「ピーズ リラクス」【最新キャンピングカー(バンコン編)】
セレナP-SV
日産・セレナをポップアップルーフ化した、日産ピーズフィールドクラフト「セレナP-SV」【最新キャンピングカー(バンコン編)】
全長4.7m、全幅1.7m以下でも4人家族がゆったり就寝できるバンテック新潟「Diario Van Type-1」【最新キャンピングカー(バンコン編)】
人気の軽キャンパー「ネクストキャンパー」が新型スズキ・エブリイに対応。ニーズに応じて4タイプから選択できる
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事