川畑選手のGRスープラが第一級のスピードで単走優勝に肉薄!【D1GP】

今年のD1GPの最大の注目といえば、新型スープラの動向でしょう。Team TOYO TIRES DRIFT – 1は6月に筑波サーキットで行われた開幕戦でGRスープラをデビューさせ、約1か月の期間をおいて第3戦、第4戦が行われる十勝スピードウェイに乗り込んできました。

前戦のあとも川畑選手はテストを行い、冷却系の改善のほか足まわりのセッティングも煮詰め、確実に戦闘力を向上させて第3戦に臨みます。

まずは単走ファイナル。最後から2番目に走行した川畑選手は、1本めの走行で2番手となる98.23点という高得点を叩き出します。川畑選手は単走優勝を狙って2本めの走行に挑みましたが、こんどは角度をつけすぎて失敗。しかしあと少しで単走優勝という走りでGRスープラのポテンシャルを証明しました。

そして追走トーナメント。川畑選手はまずベスト16でマークIIに乗る北岡選手と対戦。1本めの先行時には後半で北岡選手に詰められ、アドバンテージをとられましたが、2本めの後追い時には前半から北岡選手に対して近い距離をとってアドバンテージを取り返します。2本の得点の合計は同点でしたが、先行時の得点で上まわっていたため、川畑選手の勝ちとなりました。

つづくベスト8。相手はランキング2位の強豪・日比野選手です。1本めの先行時には両者ともミスをしつつ、日比野選手の寄せもあってアドバンテージを取られます。そして2本め、後追いの川畑選手は前半から日比野選手の真後ろにつける見事な接近ドリフト! これは逆転勝ちか!? と思わせましたが、2つめのコーナーまでドリフトが届かず、戻ってしまいました。これで川畑選手は敗退しましたが、GRスープラのスピードを見せつけてくれました。

川畑選手も「いい場面もあったけど、最後詰めが甘い場面もありました。戦える雰囲気は出てきてるので、あとはもうちょい微調整を重ねてやろうかな、という感じです」と手ごたえを感じていました。

『D1GP』の最新記事
蕎麦切広大インタビュー_001
ラジコンから実車の世界へ。出逢いが実現させた夢への扉【D1GP 2020 ルーキードライバーインタビュー】
蕎麦切_エビスD1_01
ドリラジ出身、D1GPルーキードライバー・蕎麦切広大選手の挑戦【D1GP 2020】
D1エビス_RQ_001
エビスサーキットに降臨した天使たち【D1GP 2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事