クセ強めのスタイル、Honda CG125は新車10万クラスで買える80年代的激安125

前回から好評の海外激安125シリーズ、今回もあまり知られていない穴場のモデルを見つけてきました。

詳しい人たちの間でコスパ最強の噂が飛び交う注目の125です!

今回の激安125はホンダのCG125。日本ではあまり見ない車種ですが、実は海外ではロングセラーとなっているモデル。とても現行車とは思えない80年代テイストなスタイルです。

エンジンは125cc空冷単気筒。最近では珍しいキャブ車で、セル・キック両方付いてます。見た目からするともっさり回って頭打ちが早そうですが、それとは裏腹、実はレスポンス良くビュンビュン回ります

フロントは懐かしさを感じるドラムブレーキ。この手のスッキリとしたドラムは見た目こそディスクに劣りますが、握ればかなりガッツリ効くので性能的には十分

フロントフェンダーから出ているステーは恐らく海外でナンバーを付ける部分ですが、これを活かして海外ダミーナンバーとか付けたら渋そう。

リアには、純正で大きめのキャリアを装備。

アジア系のバイクあるあるですが、取っても良し、そのまま荷物を積んでも良し。付いてるだけありがたいパーツです。

CG125で印象的なのがなんと言ってもこのヘッドライト。

ネイキッドスタイルで今どき四角いヘッドライトなんて見たことない! おまけにウインカーまで四角という徹底ぶり。

もちろんメーターも四角。しかしスピード、タコ、シフトインジゲーターが綺麗にレイアウトされてるので結構多機能です。

シフトインジゲーターはギアに合わせて数字が赤く光っていきます。これはこれで結構カッコいい!?

CG125の魅力は軽さにもあります。特にフロント周りの軽さは驚愕物で、ギアを入れてフロントを引っ張ると割と簡単に持ち上がってくるレベル

車格が普通の国産250などに比べると若干小さめなのでそれも関連していますが、車体全体の乾燥重量が100kgちょいなのでそもそも軽く作られているバイクなんです。

海外ではみんなの足として生活を支えているCG125。ロングセラーとなっているだけあり、カスタムの幅もかなり広めです。色々な遊び方ができそうな新車で買えるけど旧車テイストな125です!

CG125は新車で税込み¥129,000で買える激安バイク。日常の足としてはもちろん、カスタムベースとしても楽しめそうなモデルです。日本ではSOXが代理店として販売しています。

次回は街で使ってみるとどうなのかインプレッション。価格が安くても乗り味はどうなのか、しっかりレポートしていきます!

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ツーリング】バイクで行って欲しい!今までツーリングに行ってMotoBeが感動したスポット5選


【二輪男子必見】イマドキ女子にバイクはどう見える?彼氏に乗ってて欲しいバイクはどっち?!vol.1


【無料ナビアプリ】Yahooカーナビ、グーグルマップ、バイクに向いてるのはどっち?5年使ってみたレポート


【豆知識】これ知っておくと今後のバイクライフが変わる?バイクのタイヤって実は大きく分けて二種類あるらしい!

『ホンダ』の最新記事
これは新しい! ホンダeはキーの代わりに身近な「アレ」を代用できる【フランクフルトモーターショー2019】
「Honda e」の日本発売は2020年。気になる価格は欧州で約350万円【フランクフルトモーターショー2019】
ホンダeを正式発表。価格は約350万円(補助金込み)で意外に安い?【フランクフルトモーターショー2019】
国内で独自路線を歩むホンダが自動運転実現に向けて他社との提携を積極化?
2019年11月10日にツインリンクもてぎで「Honda Racing THANKS DAY 2019」を開催!! トップライダー、ドライバーに会えるチャンス!!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事