【新車】新型ポルシェ・911(992型)に、385PSの「カレラ」が追加

ポルシェ911カレラ

●遅れて登場のベースモデル「カレラ」。上位モデルと同等の装備、最新技術を投入

ドイツのポルシェAGは、8代目となる新型・911(992型)に「911カレラ」を追加し、バリエーションの拡充を図ります。新型911カレラのクーペ/カブリオレは283kw(385PS)を発生する3.0Lの水平対向ツインターボエンジンを搭載。

ポルシェ911カレラ
ポルシェ911カレラ・カブリオレの外観

先代より11kW(15PS) パワフルになった911のエントリーレベルを担う新型911カレラは、上位モデルの911カレラSと同等の装備、最新技術が投入されています。

ポルシェ911カレラ
ポルシェ911カレラのインパネ

インテリアは、10.9インチタッチスクリーンディスプレイを備えた高い質感が美点で、最新のコネクティビティ「ポルシェウェットモード」に代表される革新的なアシスタンスシステムなどが用意されています。911カレラの特徴として、カレラSよりひとまわり小さな標準ホイールとブレーキ、2本のシングルエギゾーストテールパイプが装備されています。

ポルシェ911カレラ
ポルシェ911カレラのメーター

911カレラのエンジン、シャシーおよびブレーキは、911カレラSと同じくエクスクルーシブなスポーツカーのために開発されています。3.0L水平対向エンジンの新しいターボチャージャーには、小型化されたタービンとコンプレッサーが備わり、新開発の8速デュアルクラッチトランスミッションであるPDKがそのパワーをコントロール。

ポルシェ911カレラ

911カレラクーペの0-100km/h加速は4.2秒、最高速度は293km/hに達し、「スポーツクロノパッケージ」をオプション装着すると、加速タイムは0.2秒短縮。

新欧州サイクル(NEDC)による燃費は、クーペで9.0L/100 km、カブリオレで9.2L/100kmです。

タイヤサイズは、フロントが235/40ZR19、リヤが295/35ZR20の異径タイヤを採用し、4輪ともに黒くペイントされた4ピストンモノブロックキャリパーと直径330mmのブレーキディスクが装着されます。

なお、日本における発売時期、価格などは現時点ではアナウンスされていません。

(塚田勝弘)

『ポルシェ』の最新記事
新型ポルシェ・マカンターボの予約受注がスタート。価格は12,191,667円【新車】
システム出力は680PS! 新型カイエンターボSEハイブリッド/カイエンターボSEハイブリッドクーペの予約受注がスタート
ポルシェ、おまえもか… 初のEV「タイカン」を見て感じたこと【フランクフルトモーターショー2019】
ポルシェ初のピュアEV「タイカン」がワールドプレミア。まずは「ターボS」と「ターボ」がデビュー【新車】
待望のPHV投入! ポルシェが「カイエンターボSEハイブリッド」と「カイエンターボSEハイブリッドクーペ」を追加
ポルシェ911カレラ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事