「東京2020オリンピック・パラリンピック」の会場内を走る専用EV「APM(Accessible People Mover)」をトヨタが初公開

■オリンピック期間中は約200台のAPMが来場者・大会関係者の移動をサポート

「東京2020オリンピック・パラリンピック」のワールドワイドパートナーであるトヨタは、競技大会をサポートする専用EVである「APM(Accessible People Mover)」をプレス向けに公開しました。「APM」は床下にバッテリーを搭載し、リヤにモーターを配置した電気自動車で、オリンピック会場内の「ラストワンマイル」を提供する低速走行EV。

ボディサイズは、全長約3.9×全幅約1.6×全高約2.0m。室内高は1620mm、開口高1470mmと、天井が高くなっています。航続可能距離は100km、最小回転半径は4.8m、最高速は19km/h。充電はAC100V、AC200Vに対応。

主に対象となるのは、選手や大会関係者をはじめ、VIPや車いすの方、妊婦や乳幼児連れの家族や高齢者などが想定されていて、たとえば競技場の入り口までは交通公共機関や巡回バスで行けたとしても、ゲート(セキュリティゲート)から競技が行われるグランドや競技場などの場所までは、まだかなり距離がある場合も十分に想定されます。

トヨタは、前回のリオデジャネイロオリンピックを視察し、組織委員会と連携して「APM」を製作。公開された車両は最終仕様ではなく、試用・改善を経てから生産に移るそう。

仕様は2つあり、基本モデルは「運転席(1人)+5名乗車」もしくは、「運転席(1人)+車いす1名+2名乗車」となっていて、150台生産される予定だそうです。もう1台は救護仕様で、2列目と3列目にストレッチャーを車内に固定でき、要救助者が1名、救護スタッフが2名乗車可能。ストレッチャーは、2列目と3列目に固定され、救護スタッフは2列目と3列目の片側に1名ずつ乗車します。こちらは50台生産される予定。

合計約200台の「APM」が競技会場だけでなく、選手村などオリンピック会場内で来場者・大会関係者の移動をサポート。

なお、2019年7月18日にプレス向けに公開されたのは基本モデルの方で、もちろん3列シート。1列目が運転席、2列目が3人掛け、3列目が2人掛けの計6人定員になっています。

車いす利用時には、2列目の折り畳みが可能になっています。2列目を折り畳めば、車いすだけでなく、最大150kgまでの荷物の運搬もできます。

1列目は運転席のみとなっていて、助手席を設けなかったのは、左右どちらからでも容易に乗り降りできる点を重視。運転席のシートポジションが高い位置かつセンターに設けることで、視界の良さ、運転のしやすさはもちろん、運転手が乗客を見渡し、乗り降りをサポートしやすい安全性に配慮した結果としています。

さらに、乗客も両側からのアクセスが可能で、両サイドの乗り降り補助バーが設けられています。また、車いす用のスロープや車いす固定用のベルトも搭載されていて、車いすの方を含めた乗り降りのしやすさに考慮されています。車いすは、勾配14度のスロープを使い、車内で切り返し不要なフロアになっていて、スムーズな乗降が可能。なお、今回は、撮影とデモのため車いす固定用のベルトは装着されていません。

もちろん、雨天時にも対応し、ピラー内に雨天用カーテン、後方ロールカーテンも装備するほか、運転席にはサイドバイザーも装着されています。

(文/写真 塚田勝弘)

『トヨタ自動車』の最新記事

出演者
GRスープラとレースクイーンの競演! GR GARAGE東京三鷹でレースクイーン撮影会が開催
トヨタ自動車ソリューションサービス
「トヨタソリューションサービス」は社用車を利用する法人向けのソリューションサービス
トヨタHSR
ロボット分野でも生活を支える存在を目指すトヨタ自動車。「Preferred Networks」と共同で研究開発を実施へ
東京都とオリックス自動車がトヨタ・MIRAIのカーシェアリングをスタート
【新車】トヨタ自動車の燃料電池バス「SORA」が一部改良を実施!! 「ITS Connect 路車間通信システム」や「ITS Connect 車群情報提供サービス」など自動運転にもつながる制御、機能を搭載
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事