100周年を迎えたシトロエン。大人気のC3に加えて、「C3 エアクロス SUV」「C5 エアクロス SUV」の2台でさらに攻勢をかける

●絶好調のシトロエン。最新モデルのお披露目を兼ねたビジネス発表会を開催

創業100周年を迎えたシトロエン。5月28日に発売されたシトロエン C5 エアクロスSUVと、7月16日にリリースされたばかりのシトロエンC3エアクロスSUVのお披露目も含めて、2019年7月17日に「シトロエン2019年ビジネス中間報告会」をプレス向け開催しました。

プジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ社長は「シトロエン」ブランドについて、ディーラーネットワークの再構築により2019年上半期は4年前の2015上半期と比べて、83%の成長を遂げたことを報告。シトロエンの中でも大きな成長に寄与したモデルとして、新型C3を挙げています。

旧型C3の月間平均販売台数(2014年〜2016年月平均販売台数)が55台だったのに対し、現行C3(2017年〜2019年月平均販売台数)は168台と、約3.1倍の売れ行きを示しています。

グループPSAのインド・パシフィック地区統括本部長のエマニュエル・ドゥレ氏は、「シトロエン」ブランドがグローバルで、2018年に過去最高となる1,046,000台を記録し、そのうち、825,000台がヨーロッパ市場だったとしています。さらに、2020年にインド市場に同ブランドを投入すると明らかにしています。

なお、2019年秋の東京モーターショーへの出展は見送られるそうですが、シトロエン100周年を記念して、独自のイベントが今秋複数開催される予定で、ファンには見逃せない機会になりそう。詳細が決まりましたらご報告します。

●ミドルサイズSUVのシトロエン C5 エアクロス SUV

さて、「シトロエン C5 エアクロスSUV」を振り返ると、ボディサイズは全長4500×全幅1850×全高1710mm、ホイールベースは2730mm。プジョー3008が全長4450×全幅1840×全高1630mmですので、プジョー3008よりも50mm長く、10mmワイドで80mm高くなっています。

搭載されるエンジンは2.0Lの直列4気筒ディーゼルターボで、177ps/3750rpm・400Nm/2000rpmというディーゼルらしい分厚い最大トルクが特徴。トランスミッションは「EAT8」と呼ばれる8速ATが組み合わされています。

高い快適性をブランド価値としているシトロエンだけに、メカニズムでは足まわりにも注目。PHC(Progressive Hydraulic Cushions/プログレッシブ・ハイドローリック・クッション)と呼ぶサスペンションテクノロジーにより「魔法の絨毯のような」乗り味を得ているそう。

このPHCは、通常のダンパーにセカンダリーダンパーが追加された構造の純メカニカルなシステム。ダンパーシリンダー内に第2のダンパーシリンダーが配されていて、サイドには複数のポートが開けられています。セカンダリーシリンダーにはその内径にあったセカンダリーピストンがあり、ストロークが進むとそのセカンダリーピストンがシリンダーに入り込みハイドロリックストップとして作用する位置依存型のダンパーです。

快適性を担保すべく、見るからに座り心地が良さそうな大型シートが前後に配されているほか、580L〜1630Lという大きなラゲッジ、最新のADAS(先進安全装備)を用意。

ADASの中でも、ハイウエイドライブアシストは、渋滞での完全停止と3秒以内の再発進が可能なトラフィックジャムアシストと前走車との車間距離を保つアクティブクルーズコントロール、さらに車線内の左右任意の位置を保持しながら走行するレーンポジショニングアシストを統合したシステム。

ドライバーの好みに応じて車線のやや左側をキープしたり、高速道路の流れが遅い状態で車線左側をオートバイが通過しがちな場合にやや右側に自車を寄せて走行させたりということが可能になっているそうです。

「シトロエン C5 エアクロスSUV」の価格は、4,240,000円で、「ナッパレザーパッケージオプション」が36万円で設定されています。

●シトロエン C3 エアクロス SUVもデビュー

以前お伝えしたように、CセグメントSUVの「シトロエン C3 エアクロスSUV」は、全長4160×全幅1765×全高1630mm、ホイールベースは2605mm。大ヒット作のC3が全長3995×全幅1750×全高1495mm、ホイールベースが2535mm。C3よりも165mm長く、15mmワイドで、135mm高くなっています。

C3よりも70mmホイールベースが長く、背の高さもあってよりアップライトなシートポジションになることもあり、後席に座ってみると「シトロエン C3 エアクロスSUV」の方が広く、開放感も高く感じられます。

使い勝手の面では助手席の背もたれも前倒し可能で、最長2.4mの長尺物も積載可能。なお、荷室容量は通常時410L・最大時1289L。後席スライドにより410L〜520Lの間で可変します。

エンジンは110ps/5500rpm・205Nm/1750rpmというアウトプットを実現している1.2Lの直列3気筒ターボで、トランスミッションは6AT。「シトロエン C3 エアクロスSUV」の価格は、2,590,000円〜2,970,000円です。

(文/写真 塚田勝弘)

『シトロエン』の最新記事
乗り心地の良さ、素直なハンドリングなど、走りのよさは人気コンパクトカーのC3譲り【シトロエン C3 エアクロス SUV試乗記】
室内と荷室の広さはファミリー、アウトドア派向き。ベースのシトロエンC3との違いは?【シトロエン C3 エアクロス SUV】
日本でも扱いやすいサイズでソフトな乗り心地を実現した、シトロエンらしいSUV【シトロエン C5 エアクロス SUV試乗記】
両側スライドドアのシトロエンBERLINGO(ベルランゴ)のローンチエディションが登場【新車】
シトロエンC5エアクロス フロントスタイル2
さすがバカンスのある国のSUV。タップリサイズのパッケージング【シトロエンC5エアクロスSUV試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事