アストンマーティン・ヴァンテージが予選3番手を獲得!【SUPER GT 2019】

今シーズンのスーパーGTには、GRプリウスPHVやマクラーレン720sなどの新型車両がエントリーしていますが、昨今のスーパーGTでは走行データの少ない新型車種ではなかなか良い結果を出すのが難しいというのが現状です。

そんな中、こちらも今シーズンからD’station Racingが導入したアストンマーティン・ヴァンテージGT3が、タイのチャーン・インターナショナルサーキットで開催中のスーパーGT第4戦において、セカンドローとなる予選3番手を獲得しました!

予選Q1では上位3台をGT-R勢が独占する中、4番手でQ2に進出。そして迎えたQ2では、それまでのコースレコードからわずか0.009秒差となる1’32.111を記録。マシンのポテンシャルが非常に高いということを第4戦で初めて証明することができました。

日曜日の決勝でも、ベテランドライバー2人によって、速さと強さを我々に見せてくれることを期待しましょう!

(H@ty)

『モータースポーツ』の最新記事
Modulo CIVIC
「追い上げの大津」が本領発揮!? Modulo CIVICがもてぎ戦優勝【スーパー耐久2019】
Modulo KENWOOD NSX GT3
【SUPER GT 2019】荒れた路面、火山灰、急変する天候に翻弄されつつも存在感を示したModulo勢のオートポリス(PR)
井出有治選手の走り3
さすが井出有治! 謎不調の「718ケイマンGT4クラブスポーツ」でもGT4クラスのファステストラップを記録!!【PSCJ Rd.9 8/24鈴鹿】
記念写真02
毎回大盛況の「親子で楽しむ日帰り観戦バスツアー」。人気の理由とは?【イベントリポート】
鈴鹿10HGSR001
グッドスマイルレーシングが「Team of the Day」を受賞!【SUZUKA 10H】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事