【新車】4.0LのNAエンジンを積むポルシェ718スパイダー、718ケイマンGT4がデビュー

ポルシェAGは、718シリーズにNAエンジンを搭載したトップモデルの「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」を追加すると発表しました。

718スパイダーとケイマンGT4はスペックが同一化されています。両モデルともに309kW(420PS)を発生する新開発の4.0L水平対向6気筒自然吸気エンジンと6速MTを搭載。

718ケイマンGT4は、ポルシェGTモデルのエントリーレベルに位置し、718スパイダーはコーナリングを楽しむために特化したモデルで、優れたエアロダイナミクスとGTモデルらしいシャーシとエンジン性能が特徴です。

2モデルの心臓部は新開発になる4.0L水平対向6気筒で、この高回転型自然吸気エンジンは新型911カレラのターボエンジンをベースとし、最高出力はケイマンGT4では先代を35PS、3世代目のスパイダーでは45PS上回る309kW(420PS)を発生。最大トルクは420Nm/5,000-6,800rpmとなり、最高速度は300km/hの壁を突破し、718スパイダーで301km/h、78ケイマンGT4では304km/hに達します。

停止状態から100km/hに達するまでの時間は両モデルとも4.4秒で、新欧州サイクルでの燃費は10.9L/100km。自然吸気エンジンは、GTエンジンらしいリニアなレスポンスが魅力で、エンジンの最大回転数は8,000rpmに達します。部分的な負荷が掛かる状態で片側バンクのシリンダーが休止し、燃費を低減するアダプティブシリンダーコントロールは新たに追加された技術的なポイントです。

また、独立式の燃料噴射を行うピエゾインジェクションが初めてDFI高回転型エンジンに搭載されるそうです。燃料噴射が5段階に分けられたことで、燃焼プロセスが向上。2つのレゾナンスバルブを備えた可変吸気システムにより、シリンダー内のガス交換が最適化されます。

718ケイマンGT4は、向上したエアロダイナミクスもトピックス。ダウンフォースは50%増えたにも関わらず、空気抵抗値は変わっていません。両モデルにおけるエアロダイナミクスの向上には、新しくデザインされたリヤサイレンサーのカバーが大きく寄与しています。2本のサイレンサーがそれぞれアーチ状に独立したカバーを持つことで、リヤディフューザーのスペースが生まれ、その結果として718ケイマンGT4のリヤアクスル付近におけるダウンフォースは約30%増加したそう。

固定式のリヤウイングもさらに効率が向上し、先代より20%多いダウンフォースが発生します。これにより、たとえば200km/hでの走行時に12kgのダウンフォースが増えることになります。GTモデルならではのスタイリングを最適化したフロントセクションでは、大型フロントリップスポイラーと前輪に沿って流れる空気を整える「エアカーテン」が空力のバランスを保ちます。

一方の新型718スパイダーは、最高速度を妨げないための軽量コンバーチブルトップを備えた純粋なドライビングプレジャーのためのスポーツカー。ルーフは、数段階のステップのみで簡単に格納できます。718ケイマンGT4との違いは、120km/hで自動的に上昇するリヤスポイラー。効果的なディフューザーは、これまでのボクスターでは考えられないほどのダウンフォースをリヤアクスル付近で発生させます。

さらに、718スパイダーは、初めて718ケイマンGT4が誇るハイパフォーマンスGTシャーシの恩恵を受けています。軽量化された前後アクスルのスプリングストラットはモータースポーツからのフィードバックにより生まれました。シャーシをよりダイレクトにするためにボールジョイントを採用。

30mm車高を低くする「ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)」により車両の重心を下げ、コーナリング性能が向上。718ケイマンGT4のサーキット走行時のハンドリングは、さらにシャープになったそう。718スパイダーも優れたセンサーを採用した「ポルシェスタビリティーマネージメント(PSM)」によって、2段階で完全に解除することができます。

機械式リヤディファレンシャルを備えた「ポルシェトルクベクタリング(PTV)」は、縦、横方向のダイナミクスを強化し、コーナリング性能とドライビングプレジャーを向上するとしています。718ケイマンGT4には、リヤの鉄製ロールバーや消火器、運転席の6点式シートベルトなどを含むクラブスポーツパッケージがオプションで用意。

足元では、大型アルミニウムモノブロックキャリパーを備える718スパイダーと718ケイマンGT4のハイパフォーマンスブレーキシステムが注目で、サーキット走行時でも安定したブレーキングを実現するそう。

さらに、「ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)」もオプションで選択可能。718スパイダーには、ポルシェ専用開発のウルトラハイパフォーマンス(UHP)タイヤがあり、同タイヤは新型718ケイマンGT4が20.6kmにおよぶニュルブルクリンク北コースのラップタイムを先代モデルから10秒短縮した際に装着していたものだそう。

718シリーズに、追加されたNAエンジンを搭載のトップモデル「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」。日本での発売時期、価格などは現時点ではアナウンスされていません。

(塚田勝弘)

『ポルシェ』の最新記事

【新車】2.9Lツインターボを積むポルシェ・カイエンSクーペの予約受注がスタート
ニュルブルクリンク24時間レースの現場で発見。ポルシェは伝統のカラーリングとフォーミュラEを展示!
【新車】最長44km・135km/hまでEV走行可能な「カイエンEハイブリッド」の予約受注がスタート
ポルシェジャパンがフルバッテリーEV「タイカン」などに対応する、新トレーニングセンターを開設
新型ポルシェ911は日本人がデザインしていた! 唯一のポルシェ日本人デザイナーが語る911のカタチの秘密
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事