【新車】トヨタ・ハイラックスがマイナーチェンジでACCを採用。運転支援機能を充実させた

■レーダークルーズコントロール(ACC)も可能になった世界基準のピックアップトラック

タイで生産され、日本に輸入されているトヨタのピックアップトラック(1ナンバーモデル)「ハイラックス」が、先進安全装備を進化させる内容のマイナーチェンジを実施します。

単眼カメラとミリ波レーダーを併用したADAS(先進運転支援システム)の機能を拡大、AEB(衝突被害軽減ブレーキ)については新たに夜間の歩行者、昼間の自転車を検知できるようになりました。また高速道路などでのふらつきを検知してワーニングを出すレーンディパーチャーアラートにはブレーキを利用した逸脱抑制機能も追加しています。

さらに嬉しいのはレーダークルーズコントロール、いわゆるACC(アダプティブクルーズコントロール)を上級グレード「Z」に採用したことです。これにより高速道路などで先行車と適正な車間距離を維持してクルーズすることができるようになりました。あわせて上級グレードには道路標識をディスプレイ上に表示するRSA(ロードサインアシスト)や信号待ちなどで役立つ先行車発進告知機能も標準装備されています。

走りの面では、悪路走破性を高めるデフロック機構を全車に標準装備。

メーカー希望小売価格は、332万1000円~375万6240円。特別仕様車「Z“Black Rally Edition”」は396万1440円です(いずれも消費税8%込み)。なお、マイナーチェンジされた新しいハイラックスの発売は2019年6月24日となっています。

(山本晋也)

『トヨタ自動車』の最新記事

トヨタHSR
ロボット分野でも生活を支える存在を目指すトヨタ自動車。「Preferred Networks」と共同で研究開発を実施へ
東京都とオリックス自動車がトヨタ・MIRAIのカーシェアリングをスタート
【新車】トヨタ自動車の燃料電池バス「SORA」が一部改良を実施!! 「ITS Connect 路車間通信システム」や「ITS Connect 車群情報提供サービス」など自動運転にもつながる制御、機能を搭載
HamoRIDE
トヨタ自動車など3社が参加するカーシェアリング実証実験で安全運転ドライバーにポイントを付加
トヨタ自動車が提供する「バーチャルな移動」で活躍するヒューマノイドロボット「T-HR3」とは?【 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事