新型Mazda3の「SKYACTIVE-X」に搭載される「SKYACTIVE-eSYNC / M HYBRID」とは?

●「SKYACTIVE-eSYNC」は電動化技術の総称で、「M HYBRID」を搭載

Mazda3の主要諸元表を見ていると、まだ認可が下りていないこともあり、「SKYACTIVE-X」のパワートレーン系のスペックは未定になっています。一方の主要装備表には「X(SKYACTIVE-X)」に搭載される装備や技術が掲載されています。

主要装備表の「シャーシ&メカニズム」の欄を確認すると「SKYACTIVE-eSYNC(スカイアクティブ イーシンク)/M HYBRID」とあります。2.0Lの新世代ガソリンエンジンである「SKYACTIVE-X」には、火花点火制御圧縮着火の「SPCCI」のほかに、東芝製のリチウムイオン二次電池である「SCiB」を採用した「M Hybrid」が搭載されます。

「SKYACTIVE-eSYNC」は、現時点でのカタログやプレスリリース、プレス向け資料などにも記載がなく、マツダ広報部に確認したところ、「燃費改善、加速性能向上に寄与する、ドライブトレイン、モーターなどを協調制御するマツダの電動化技術の総称」とのこと。

つまり、「SKYACTIVE-eSYNC」の1つの技術としてMazda3の「SKYACTIVE-X」搭載車には「M HYBRID」が採用されていることになります。今後も「SKYACTIVE-eSYNC」のもと「M HYBRID」以外の電動化技術が採用される可能性があると思われます。

(塚田勝弘)

『マツダ3』の最新記事
マツダ3ファストバック走り
【マツダ3・クローズドコース試乗】真っ直ぐ走りよく曲がる。快適な乗り心地も備えていて、疲れなくて文句なし
マツダ3 ファストバック走り
燃費性能のディーゼル、パワーのガソリン。マツダ3の2つのパワーユニットのフィーリングは?【MAZDA 3クローズドコース試乗】
【マツダ3から始まるコネクティッドサービス】離れた場所からのドア施錠確認や、ナビから目的地送信などができる新サービス
【マツダ3 セダン 国内試乗】よどみなく吹き上がるNAエンジンと清涼感あるハンドリング
新型Mazda3のデザインは「手間暇をかけた」シンプル?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事