GT300最多勝利記録を更新!K- tunesが開幕戦に続き今期2勝目【SUPER GT 2019】

新田選手のGT300最多優勝記録が「22」に更新

5月最後の日曜日となった26日、スーパーGT第3戦「SUZUKA 300km RACE」決勝が鈴鹿サーキットで開催されました。

GT300クラスでは、スタート直後から至る所でバトルが展開される中、フロントローからスタートした#25 HOPPY 86 MC・佐藤公哉選手と#96 K-tunes RC F GT3・新田守男選手がレースを引っ張って行きます。

3番手スタートの#5 ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号・平木湧也選手は1周目で#61 SUBARU BRZ R&D SPORT・山内秀輝選手と#10 GANER TANAX triple a GT-R・星野一樹選手に、そして2周目には8番手スタートからジャンプアップしてきた#360 RUNUP RIVAUX GT-R・青木孝行選手にもパスされ、クラス6番手まで順位を落としてしまいます。

17周目でおきたクラッシュ車両回収のために導入されたセーフティカーランが解除された22周目、GT300クラスの先陣をきって25号車と5号車がピットイン。大方の予想通り25号車はタイヤ無交換で戦列に復帰します。

各車ルーティンのピットストップを消化したところでのトップは25号車、それに96号車、そしてこちらもタイヤ無交換が奏功し順位を取り戻した5号車がこれに続きます。

そして残り周回も10周を残した終盤の42周目、96号車・阪口晴南選手が25号車・松井孝允選手をパスしトップに浮上!そのままチェッカーを受け、開幕戦岡山に続くシーズン2勝目を獲得しました。

K-tunesとしては、昨年ここ鈴鹿でのレースが300kmとなってからの2連勝、またハーフポイントとなった開幕戦岡山に続く今季2勝目となり、新田守男選手の持つGT300最多優勝記録を22勝に伸ばしました。

レース後、ポイントリーダーになった事を会見で知った新田選手は、「このままシリーズが終わってくれれば最高ですね」と、報道陣から爆笑を奪いつつも「この後は不得意なコースがあるので、最終戦までにリードを作れるようなレースをしていきたい」とコメント。

阪口選手も「(このチームは)自分が加入する前から、優勝かノーポイントかっていうレースをしてきているので、毎戦しっかりポイントを持ち帰りたい。RC F GT3とブリヂストンタイヤのパッケージは雨に強いので、苦手なコースで雨のレースになってほしい」と、こちらも能弁ぶりを披露した会見となりました。

次戦はシーズン折返しとなる第4戦、唯一の海外戦となる初夏のタイはブリーラムで開催されます。最多勝利男とGT参戦1年目のルーキーがどんな戦い方を見せてくれるのか、注目していきましょう。

(H@ty)

『モータースポーツ』の最新記事
サウンドオブエンジン
次回はトラックレコード更新!? ティエリー・ブーツェンがポルシェ962Cで物凄いタイムを叩き出した【SUZUKA Sound of ENGINE2019】
SFルーキーテスト_VIPS_01
マカオグランプリで速さを魅せたあの選手がトップタイムを叩き出すも……【スーパーフォーミュラ合同テスト】
SFルーキーテスト_01
Modulo Drago CORSEの大津弘樹選手がスーパーフォーミュラルーキーテストに登場【スーパーフォーミュラ合同テスト】
サウンドオブエンジン
伝説の6輪F1マシン、Tyrrell P34がやってきた!カウルが外れている貴重な瞬間を目撃【SUZUKA Sound of ENGINE2019】
マカオGP_谷川達也_01
「私の思うマカオグランプリの魅力」憧れのレースに5年ぶりの参戦となった谷川達也選手【Macau Grand Prix 2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事