【SUPER GT 2019】夏の訪れを感じる猛暑の予選。ぶっちぎりでHOPPY 86 MCがポールを奪取!

鈴鹿サーキットで開催中のSUPER GT第3戦「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 SUZUKA GT 300km RACE」。

30℃近い気温と45℃という路面温度は一昨年まで開催されていた鈴鹿1000kmを思わせる気候。そんな中で25日の午後、14時40分から始まった予選Q1ではGT300クラスのラスト3分と少しのところで9号車の PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHEがヘアピンでコースアウトのため赤旗中断。残り時間4分に延長されて再開となりましたが大きな順位変動のないまま終了。

Q2では開始早々にHOPPY 86 MCが1分57秒008という56秒台突入か?と思わせるようなタイムを叩き出しトップに躍り出ます。GT300のライバルはこれを追うカタチでアタックを繰り広げますが結局のところ時間内にこれを上回るタイムを出すチームがないまま予選終了。

今シーズンの参戦継続が難しいという報道がなされ、また昨年1年間ポールポジションのないままシーズンを終えたHOPPY 86 MCにとって久々のポールポジション獲得。不安を跳ね返すような結果となりました。

また、今季ではヨコハマタイヤが2戦連続でポールポジションを獲得。タイヤ戦国時代の様相も加味されて26日の決勝レースが楽しみになってきます。

GT500クラスではQ2のラストラップまで続くアタック合戦の末に1分45秒775という2番手の37号車 KeePer TOM’S LC500に0.063秒という僅差で競り勝った36号車 au TOM’S LC500がポールポジションを獲得。

Q2を担当した関口雄飛選手の豪快な走りにより開幕から2連続ポールポジションだった23号車 MOTUL AUTECH GT-Rの連続ポールを止めています。

決勝レースも真夏日という予報が出ている鈴鹿サーキット。開幕から2戦とも雨で赤旗中断という事態が続いた2019年のSUPER GT。しかし今度は真夏日。気温に負けない熱いレースが期待されます。

(写真:松永和浩、H@ty 文:松永和浩)

 

『モータースポーツ』の最新記事

トラストがeスポーツに参入! 2020年に「eGT」シリーズ(仮称)を立ち上げ
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ
高速性能はダカールラリーに必須! 日野のダカールラリーマシンがバンクを全開走行
日野のダカールラリーマシンが一新。フレームまで設計を変更して万全を尽くす

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事