想定外の暑さの中での予選、ポールシッターには好条件だった?【SUPER GT 2019】

●季節外れの気温が微笑んだ!? トヨタ勢がポールポジションを独占

スーパーGT2019第3戦として国内での折返しとなる「SUZUKA GT 300km RACE」が、三重県は鈴鹿サーキットで開幕しました。

土曜日は朝から雲ひとつない快晴となり、季節外れの真夏日となる気温31℃、路面温度48℃というコンディションで予選が行われました。

GT500クラスでは、先週スーパーフォーミュラで優勝した #36 au TOM’S LC500・関口 雄飛選手がポールポジションを獲得。2番手にも同じTOM’Sでスーパーフォーミュラでも関口選手のチームメイト、#37 KeePer TOM’S LC500・平川 亮選手が入り、LC500がフロントローを独占する形となりました。

予選後、関口選手は「路面温度が20℃低かったら、他の(タイヤ)メーカーが(予選上位に)来たかもしれないので、BS勢としては路面温度に対応できてよかった」とコメントしています。

また、チームメイトの中嶋 一貴選手は「暑いとHONDAさんが速くないという人がいるので、そういう意味では(暑いのは)プラスになっているかも」と、報道陣から笑いを誘いました。

GT300クラスでは、#25 HOPPY 86 MC・松井 孝允選手(ヨコハマ)が軽量コンパクトなマザーシャシーを操り、ポールポジションを獲得しました。

2位には昨年、ここ鈴鹿で優勝した #96 K-tunes RC F GT3・阪口 晴南選手(ブリヂストン)が、そして3位には#25と同じマザーシャシー勢の #5 ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号・平木 湧也選手(ヨコハマ)が獲得しています。また、4番手にはダンロップユーザートップとなる #65 SUBARU BRZ R&D SPORT・山内 英輝選手が入り、GT300クラスに参戦するタイヤメーカー3社が2列めまでを分け合う形となりました。

予選後のコメントでは、「(軽量なマザーシャシーでは)いつも決勝ではウォームアップに苦しむので、高温になってくれたほうが正直うれしい」と、松井選手そして佐藤 公哉選手ともに、今回の想定外の暑さをむしろ歓迎していました。

今大会は、予想を上回る気温となりましたが、各選手ともこの想定外の暑さをポジティブに受け止め、それがここまでの好結果につながったと分析。この好調をこのまま決勝でも維持して優勝したいと抱負を話していました。

開幕戦では雨天中断によるハーフポイント、第2戦も天候に翻弄され、参戦全選手がなかなか思うように走ることのできなかった今シーズンですが、今回は雨の心配もなく、絶好のコンディションのなかでの全開バトルが期待できる第3戦、決勝は午後2時半スタートの予定です。

(H@ty)

『モータースポーツ』の最新記事

トラストがeスポーツに参入! 2020年に「eGT」シリーズ(仮称)を立ち上げ
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ
高速性能はダカールラリーに必須! 日野のダカールラリーマシンがバンクを全開走行
日野のダカールラリーマシンが一新。フレームまで設計を変更して万全を尽くす

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事