【新車】最大のネックを解消!? トヨタ・プリウスPHVが4人乗りから5人乗りに変更

●安全装備の充実や、住宅の蓄電池として利用可能な「V2H」も用意

トヨタ・プリウスPHVのリヤシート中央にはアームレスト付コンソールとカップホルダーがあり、後席は2人掛けになっています。FCVのMIRAIも4人定員で、賛否両論ありましたが、2019年5月9日に発表された一部改良で、プリウスPHVが5人乗りに変更されました。

プリウスPHVに限らず、軽自動車でもハッチバックでもミニバンであっても、自家用車でフル乗車する機会が頻繁にあるという方は少数派のはず。それでも「イザ」という時(たとえ年に数回であっても)に備えて4人定員よりも5人定員の方がいいという声は、プリウスPHVにもあったと想像できます。

『トヨタ自動車』の最新記事

【新車】トヨタ・コースターがマイナーチェンジ。 ディーゼルエンジン仕様に尿素SCRシステムを搭載し、エコカー減税の対象に
「東京2020オリンピック・パラリンピック」の会場内を走る専用EV「APM(Accessible People Mover)」をトヨタが初公開
トヨタ・プリウスPHVにブリヂストンが「ECOPIA EP150」「TURANZA T002」を納入
マークレスグリルなど特徴的なスタイリング。ローウェンが強面仕様のトヨタC-HRを初公開
【新車】トヨタ・クラウンに「こがね」色の内装色を選択できる特別仕様車「Elegance Style」が設定
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事