【新車】最大のネックを解消!? トヨタ・プリウスPHVが4人乗りから5人乗りに変更

●安全装備の充実や、住宅の蓄電池として利用可能な「V2H」も用意

トヨタ・プリウスPHVのリヤシート中央にはアームレスト付コンソールとカップホルダーがあり、後席は2人掛けになっています。FCVのMIRAIも4人定員で、賛否両論ありましたが、2019年5月9日に発表された一部改良で、プリウスPHVが5人乗りに変更されました。

プリウスPHVに限らず、軽自動車でもハッチバックでもミニバンであっても、自家用車でフル乗車する機会が頻繁にあるという方は少数派のはず。それでも「イザ」という時(たとえ年に数回であっても)に備えて4人定員よりも5人定員の方がいいという声は、プリウスPHVにもあったと想像できます。

『トヨタ自動車』の最新記事

トヨタが研究中の『本人も気付かぬ眠気』を検知する「覚醒度推定」システムが安全を生む理由とは?【人とくるまのテクノロジー展2019横浜】
蛍光灯と人工太陽灯を使って最後の念押し【トヨタ・センチュリー工場に潜入⑥〜検査工程】
Cピラーが鏡代わりになるほど磨かれた艶やかな塗装とは?【トヨタ・センチュリー工場に潜入⑤〜塗装工程】
ドアとボディの間の隙間はトヨタ最小の3.5mm【トヨタ・センチュリー工場に潜入④〜ボデー工程】
匠の手作業で仕上げられる新型センチュリーの「几帳面」【トヨタ・センチュリー工場に潜入③〜プレス工程】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事