【新車】最大のネックを解消!? トヨタ・プリウスPHVが4人乗りから5人乗りに変更

●安全装備の充実や、住宅の蓄電池として利用可能な「V2H」も用意

トヨタ・プリウスPHVのリヤシート中央にはアームレスト付コンソールとカップホルダーがあり、後席は2人掛けになっています。FCVのMIRAIも4人定員で、賛否両論ありましたが、2019年5月9日に発表された一部改良で、プリウスPHVが5人乗りに変更されました。

プリウスPHVに限らず、軽自動車でもハッチバックでもミニバンであっても、自家用車でフル乗車する機会が頻繁にあるという方は少数派のはず。それでも「イザ」という時(たとえ年に数回であっても)に備えて4人定員よりも5人定員の方がいいという声は、プリウスPHVにもあったと想像できます。

『トヨタ自動車』の最新記事
トヨタ シエンタ
トヨタ・シエンタが一部改良。ヘッドライトをLED化、2列シートに充実装備の新グレードを追加【新車】
GRヤリス
新型GRヤリスのラインナップを発表。トップモデルは1.6Lターボ+スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を採用【新車】
ヤリスTNGA
まるでファミコンの裏技?トヨタ・ヤリス、カローラ、RAV4…TNGA最新世代リコール三連発の意外な内容
「TNGA(GA-K)」プラットフォームをベースとした新型シエナがアメリカで発表
グランエースのコースター版!? ゆとりのあるシート配列と広めのラゲッジスペースを備えたコースター「PREMIUM CABIN」
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事