【SUPER GT 2019】GT300ポールポジション獲得の立役者、サッシャ・フェネストラズってどんな人?

ゴールデンウィークも後半となった5月3日、快晴の青空のもとで行われたスーパーGT第2戦富士の予選。

GT300では近藤真彦監督率いる56号車リアライズ日産自動車大学校GT-Rが、小林崇志のもつコースレコードから0.164秒差に迫る、1’35.861というタイムで見事ポールポジションを獲得しました。

その56号車で、今シーズンからスーパーGTに参戦しているサッシャ・フェネストラズ選手。一体彼はどんな選手なんでしょう?

1999年7月28日生まれ。アルゼンチンとコロンビアにルーツを持つフランス人です。

7歳でカートに乗り始め、2015年にフランスF4で4輪デビュー、参戦初年度でシーズン2位という好成績を残し、翌年フォーミュラ・ルノー2.0にステップアップ。そこでも参戦2年目となる2017年にはチャンピオンを獲得。

同年にはヨーロッパの強豪カーリンからヨーロピアンF3とマカオグランプリにも参戦。2018年にも同シリーズにフル参戦し、マカオグランプリでは3位表彰台を獲得している実力派ドライバーなんです。

今シーズンはGT300のほかに全日本F3選手権にも参戦し、先日鈴鹿サーキットで行われた開幕戦では見事デビューウィンを飾っています。

そんなサッシャ選手ですが、性格はとても明るく、ピットウォークでは常に笑顔と話が止まらないほど賑やかな印象です。実家はMaison Fenestrazという、フランスやアルゼンチン、ブラジルでリゾートホテルを展開しています。あの明るさはやはり、ラテンのノリなのかもしれませんね。

決勝では平峰選手とともに、どんな走りを見せてくれるのか、56号車の走りにも注目です!

(H@ty)

『モータースポーツ』の最新記事
AJECrd1ダイハツ・エッセ
ダイハツ・エッセの熱い戦いが再び。AJEC 2021シーズンが開幕
塚本奈々美の願い。AE86で気軽にドリフトモータースポーツに触れて欲しい!
多分世界初!商用ハイエースで全日本ラリーに参戦してみたら、意外と普通に走って安定感もありby国沢光宏

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事